順番和訳。訳が変でも気にしません。
ネイティヴのように前から順に訳す。

 

受験の英文和訳って、変!

だと思うんです。

文を終わりまで読んで、それから意味を考える。
(=全文を読むまでコンテンツ(文脈)不明だから
  思考停止?)

そんなんじゃ、会話できませんよね。

 

たとえば、
Let’s go to London. なら、

最初の Let’s を聞いた時点で
「一緒にやろう!」が判り、

続く go で
「行くんだね」が判り、

最後の to London. で
「ロンドンへ」が判るわけで。

ブログ・矢嶋ストーリーnewsの「順番和訳! my英語勉強法」という記事のOGP画像です。この記事は、英文和訳の方法について書いています。受験の英文和訳は文全体を読んでから訳し始めますが、英語圏の人々は前から順に読んでいます。だったら英文和訳もできるだけ前から順に訳そうよ。こんな提案が書いてあります。ですから記事のOGP画像には、記事中にも書いた英文和訳の例を載せました。英文 Let's go to London の下に日本語を対応付けています。Let's は「一緒に」」goは「行こう」 to London.は「ロンドンへ」。矢嶋剛・画。
イラストにするなら、こんな感じ。

 

これを
「ロンドンへ行こうよ」と訳すのは
正確だけど間違っている気が
するわけです。

「一緒に、行こう。ロンドンへ」が
マシ。そう思うんです。

 

なので…
発想を転換。

前から順に和訳をしていく順番和訳

おこなうようにしました。

大学受験の頃から試していますが、
予備校の模試では見事に×
喰らうので、注意!

でも、
受験や仕事で使わなければいいので
勝手に続けています。

 

 

すると、発見多々。

I love you. で盛り上がれます。

この文(orセリフ)、受験訳だと
「わたしは、あなたを愛しています」に
なりますよね。

でも順番和訳なら…

「わたしは、愛しています。あなたを!」 に

になるんです。

最後に「あなた!」が来るから、
感情こもるし、ドキドキするし、盛り上がる!

だって、もしかしたら…

I love Kaori. (げ、わたし、じゃないの!)に

なるかもしれないじゃないですか。

このドキドキ、ハラハラをネイティヴの人は
楽しんでいるはず。
ですから、こっちも楽しんじゃいます。

 

Coming soon. も似たように楽しめます。

まず先に「来てるぞ~」で緊張。

その後で「まもなく!」が来ます。

思わず やられた~! になっちゃいます。

 

現在完了形や未来形なんかにも強くなれます。

(ちょっと受験対策っぽい)

もし文の最初が、

I’ve だったら、「わたし、ずっと…」だな!
         (現在完了形)

I’ll だったら、「わたし、これから、するよ…」だな!
               (未来形)

I was だったら、「わたし、だったの…」と来たか!
             (過去形)

I am だったら、「わたし、今、…」か、ふふん!
           (現在形)

こんな感じで、「これから、何が出そう!」を
感覚的に解るようになります。(慣れ)

 

 

そんな順番和訳、

訳が変でも、気にしてません。 

受験訳よりマシだと思うから。

勢いで、曲の流れ。
その中に渦巻く原詩の感情を
日本語で歌いたいなぁ

となんて遊びにもチャレンジ。

そんな英文和訳のmy作法。ABBAアバの曲
“The Winner Takes It All” なら…

 

ステップ①

原詩(英語)の順番通り! に訳します。

たとえば
I’ve played all my cards. 
というフレーズ。

受験訳だと
わたしは、手持ちのカードを全て使ってしまった
になりますよね。

けれど、歌詞が耳に入ってくる順番通りに、

I’ve  (:わたし、ずっと)※何を?は不明
played(:プレイ)※何を?まだ不明
all  (:全て)
my (:わたしの)
cards.(:カード) ※やっと判明!

と訳します。並べると、

わたし、ずっと プレイ 全て わたしの カードで

となります。
ここから改造を始めます。

 

ステップ②
日本語で歌えるように
言葉をリズムに合わせます。

歌詞を感じる=リズムに合う

だと思うので、リズムに訳詞を
乗せていきます。

この箇所のリズムは、

I’ve played(間) all my cards.
アィプレィド(間)オーマィカーズ

なので(原曲を YouTube でどうぞ)

先の訳詞では尺が合いません。

そこで改造。

取り敢えず、繰り返しな「わたし」を
1ヵ所削ります。すると、

ずっと プレイ 全て わたしの カードで

とします。

 

ステップ⓷

ここでテスト。また歌います。

ずっと プレイ 全て わたしの カードで

アィプレィド(間)オーマィカーズ

まだ長い。

ここからは、(間)前後に分けて改造します。

まず(間)の前、

アィプレィド(間) はとりあえず

ずっとプレイ

にします。これなら、なんとか歌えそう。

 

続いて、(間)の後ろ、

全て わたしの カードで 

これは難問です。

(間)オーマィカーズ に比して長すぎる。

こんなときは大胆に行きます。

気合いだ~!

そして、

全カードで 

に。完成形は

ずっとプレイ(間)全カードで 

になりました。

この後、感情を込めて歌えるように
なるまで何度も修正していきます。

 

そして「まぁいいか」
今回なら

I’ve played(間) all my cards.
アィプレィド(間)オーマィカーズ
ずっとプレィ(間)全カーズで 

歌える~!

になったら完成です。(おわり)

 

♩ ♩ ♩ ♩ ♩ ♩ ♩ ♩

いかがでしたか?

お笑いになるかもしれませんが、
意外と勉強になっています。
(とくに 感情の置き方)

 

ちなみに
この曲の拙訳全編は こちらに。

原曲ではなく、大好きな映画
『マンマ・ミーア!』(2008年)
ヴァージョンの訳詞です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください