グーグルマップ、ストリートビューの使い方。捨て犬レスキュー、街色チェックほか。意外に使える!

 

グーグルマップ、使ってますか?
そのストリートビュー。
通りの写真が見れるやつ。

ふつうは、これから行く or 行きたい場所の
チェックに使うと思います。

でも、他にも。
意外な使い方があるんです。

 

その➀ 捨て犬レスキュー 🚨

アメリカののお話。

ある人が、 
ストリート・ビューを見ていて、
一匹の捨て犬(らしき)を発見。

場所は分かるから(グーグルマップだもの!)
行ってみたら、同じ犬を近くで発見!

やはり飼い主、いないみたい。

う~ん、このままじゃ可哀そう。
ズタボロだし、独りだし。

 

で、レスキューされたワンちゃん。

お風呂に入って、毛をきれいに刈って、
Sonya という名で呼ばれるようになって。

そんなSonyaの笑顔をどうぞ!
(動画の最後に出てきます)
(下の姿は救出前のSonyaです)

Sonya 幸せそう!

こんなこと、起きるんですね!

 

 

その➁ 街色チェック 🎨

これは、わたしがやっていること。

実は、ストリートビューを使って
世界の街の色を楽しんでいます。

建物の屋根、壁、ドア、…。
かかっている看板、街灯に道路標識、…。

色彩感覚を磨くために、
まだ見ぬ、理想の色を探すのです。

 

お気に入りの都市が、
メキシコの首都、メキシコシティ。

この街は、明るく強い色彩に溢れています。

日本では見れない感覚。

それを楽しみにビューしています。

 

この前も、こんな風景を見つけました。

Google Maps より。ブルーがきれい。

 

 

その➂ 原作の舞台を仮想旅行 🚲

この前も、『マイ・ブックショップ』という映画が
きっかけで、UKのサフォーク州へ。

まったく知らなかった土地です。
おもしろかったです。
その話はこちらで。よかったら。

 

 

道路の可視化については

いろいろ問題があります。
とくにプライバシーの保護の面で。

確かに、丸見えには怖さが伴います。

住所が判れば、自宅も丸見えですから。

 

けれど、

丸見えだから、助けも来ます。(Sonyaのケース)

ブログ・矢嶋ストーリーnewsの「Viva GoogleMap(捨て犬救出物語)」という記事のOGP画像です。 この記事では、グーグルマップのストリート・ビューで偶然見かけた捨て犬が 救出されるYouTube動画を紹介してます。そこでOGP画像に、捨て犬くんの涙を描いた イラストを使います。作風はシンプル。鉛筆風の線で描いたイヌの顔。毛はボサボサ。 その左眼に一滴の涙。ティアドロップだけは水色に染めてみました。矢嶋剛・画

世界中の街角を眺めることもできます。

 

だからこそ、うまく活さなきゃ。

せっかくのICTテクノロジー。
優しく広がれ と思うのです。