有名な言説を講義中に紹介する理由。
記憶して欲しいんじゃない。使って!

 

※この文章は、わたしの大学での講義
 「流通論」を受講している
 みなさんを想って書いています。

 堅苦しくて ゴメンナサイ。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

 

社会科学
(社会、経済、経営、政治、法律などを扱う)は
現実を貫く(:串刺しにする)原理に触れます。

その関連で、有名な言説(●●説)が登場します。

わたしの担当する流通論でも、
小売機能のところで
「真空地帯説」と「小売りの輪説」を
説明しました。

たとえば、「小売りの輪説」は
こんなスライドを使って話をします。

ブログ・矢嶋ストーリーnewsの「有名な言説の使い方(社会科学は…)」という記事のOGP画像です。 この記事は、大学で講義をしている「流通システム論」の受講生向けに 書きました。「なぜ、有名な言説を講義で紹介するのか」を説明するためです。 その象徴として、図には、流通に関する有名な言説を図式化したグラグを 載せました。実際に講義中に使っている図です。横軸に時間、縦軸に事業を 維持するコストを置いた折れ線グラフです。A、B、Cという3つの仮想事業の 推移がグラフに描かれています。これは事業の成長と衰退を史的に描いたグラフ なのです。作図・矢嶋剛。
この図は、中田信哉先生の著作からの引用です。

 

 

さて、ここで言っておきたい事があります。

有名な言説を、何のために紹介する?
狙いを考えてください。

 

わたしの見解は、以下の通り。

 

社会科学は、現実の理解から始まります。

ですから、
現実の一端を感じる feel ところから
学びはスタートします。

この流れの中で、
有名な言説は、現実の理解を助ける
手がかりとして登場します。

 

・有名な言説は、ただの手がかりです。

・その手がかりは、有名な言説を
 なぞらずとも、別の言い方で表せます。

・有名な言説を「憶えている!」は
 表現の1つを知ってま~す!
 というアピールになります。

・しかし、現実を理解している!
 という事にはなりません。

 

ここが肝心。
もう一度、整理すると…

「真空…」も「小売り…」も手がかり。

何のための手がかり?

それは、小売機能の変化・変容を
イメージするときの手がかり。

世の中の現実を知るための手がかり。

このところ、しっかり押さえて
ください。

 

もう少し話を広げましょう。

社会の現実問題に臨む社会科学。
(経済、法律、政治、社会、地球…)

その言説(理論と称す場合も)は、
どんなに有名でも万能ではありません。
(言説よりも、現実の方が複雑で多彩)
(現実の部分のイメージには使える)
(ただ、それだけの存在)

「真空地帯説」「小売りの輪説」も、
現実の部分を理解する手がかりに
すぎないのです。

 

その事を誰かに説明できたら、
あなたは、社会科学における
有名な言説の使い方を
マスターした事になります。

意識してみてください。
できたら説明してください。

 

 

【教室に居ない皆さんへ】

 

この稿は、わたしの授業を
受けている人に向けましたが、
内容は、社会科学の学び全般に
通じています。

 

日頃、感じていらっしゃる
かもしれませんが、

大学、企業内教育の区別なく、
不勉強もしくは安易な教育は
社会科学の目的を忘れ、

ここに挙げたような有名な言説を
知っている?知らない?の
【教養主義】【クイズ的強迫】の
鎧(=威張り)として用い、
お茶を濁そうとします。

 

教える方は楽チンですが…
それは愚かで、虚しい。

わたしは、そう感じています。