ミッシェル・オスロ監督の世界

 

ミッシェル・オスロ Michel Ocelot 監督作品
『ディリリとパリの時間旅行』 Dilili à Paris
(訳すと、ディリリ、パリで )を観ました。

 

予告篇は、こちら。

 

これを見たときから、感動の予感、
そして、観終わり…。

 

映画館を出た直後の感想は
「やられた!」

 

描かれていたのは、”アニメ”を超えた
アニメーションでしたから。

どこが?を申し上げると…

 

まず、マンガ的ではない

人々は次のように描かれます

・頭と目・鼻・口が通常サイズ
・走り出しても後ろに、流線Ɔ Ɔ Ɔ Ɔ が出ない
・息づかいが聞こえる
・ゆっくりと動く =優雅

 

加えて

・彼らの声は子供っぽくありません。

高音で尻上がりな、あの
日本アニメ特有の口調とは無縁。

 

そして、街並みに質感

この作品の舞台はパリ。
それもエッフェル塔が出来た
1889年頃。

その風景を忠実に再現します。
建物に当時の写真を使用し、
アニメーションと巧みに融合させるのです。

実に見事です。
当時のパリにいる気分にさせてくれます。

路傍の花にも写真を使っているんですよ。
当時の街角に、さりげなく当時の花。

 

歴史的な人物たちも登場

クロード・モネ Claude Monet
トゥールーズ=ロートレック
Henri de Toulouse-Lautrec
サラ・ベルナール Sarah Bernhardt らが
出てきて、喋るんです。

わお、ヤバい!

ロートレックに至っては
カフェでスケッチを描きます。

あの、見たことのある筆致で。

 

ぜひ一度、ご覧ください

何より美しい。

日本のアニメと全く違います。    

できれば
吹替え版じゃなく、字幕版を。


登場人物たちの話し方は、
日本語では伝わらないような
気がします。