絵のようなウェブサイトを作りたい。
アンリ・マティスさんが憧れです。

 

憧れのサイト・イメージ、
それは、この絵。

アンリ・マティス Henri Matisseさん、
1952年の作品、Blue Nude Ⅱ。

アンリ・マティス Henri Matisse作・BLUE NudeⅡのイメージ
Blue NudeⅡ  注)本物より下が大きめ

 

観るほどに、すがすがしく。

イメージが頭の中に
す~っと入ってきて。

そして、どこか微笑ましい。

 

こんなサイトを、作りたいのです。

 

 

なぜ、マティスさん?

大好きな画家!というのも大きな理由ですが、
それ以上に。

世のウェブサイトって汚いのが多くて。
(ごちゃごちゃ、ぐしゃぐしゃ)

見るほどに、ストレスが溜まります。
(うざい、くどい、見苦しい)

あれを自分も作り、人様に晒すのか!と思うと
悲しくなってしまうんです。

 

で、「どうすれば?」を考えました。

キーワードを「美しい」「ストレスフリー」にして。

そして辿り着いた結論が、

・背景は白

・落ち着く色を乗せる

・隙間をキャンバスのように使う

・シンプルなデザイン

・ずっと見ていられるように

となったのです。

 

この間、たくさんの画集を見ました。
美術館にも出かけました。

そして、求めているイメージを探し、
冒頭の Blue Nude Ⅱ に辿り着いたというわけです。

 

 

そして、作っています 😉

矢嶋ストーリーの公式サイトは…
       (2019年10月16日現在)

矢嶋ストーリー公式サイト(一部)のスクリーンショットです。2019年10月16日現在のデザインです。

 

 

I think でいこう は…

矢嶋ストーリーのサイト「I thinkでいこう」 §08フレーズを増やそう(一部)のスクリーンショットです。2019年10月16日現在のデザインです。

 

 

そして、この news も。

 ・アフリエイト広告、厳禁

 ・SNSのシェアボタン、小さく

 ・背景画像、不可

など、記事の印象を薄めたり歪めたりする
ノイズ(騒音)を極力排除しています。

 

Blue Note Ⅱ には遠く及びませんが、
憧れに近づけるよう
がんばって制作しています。

 

 

ふと思います サイトの今後

どうなるんでしょう?

ディスプレイは高解消度になるので
「美しい」は求められるでしょう。

この流れ、インスタ映えや4K放送が
後押ししてくれそう。

 

膨大な情報は、
どのように整理されるでしょう?

ストレスのない文字配置には、

隙間が必要です。
隙間が、字をゆったりとさせてくれます。

この配慮も「美しさ」に通じています。

ですから、
整理=どう隠すか?見つけやすくするか?
がサイト制作のポイントになりそう。

 

そのあたりを想像しながら、
サイトのデザインをしています。

 

AR(拡張現実)やMR(複合現実)のような
映像技術に頼らずとも、
シンプルに、

たとえば遠近法のような、
中世の礼拝堂に使われた
アーキテクチャ(建築術)を
模したようなサイトは心地よさそう。

そんな気もします。

意外に、シンプル・イズ・ベスト!
だったりして。

 

想像はいろいろ膨らみますが、それはそれ

自分はどうする? が何より肝心。

素人ですが、
出来るところまで、やってみます。
期待しないで、ご期待ください。🤣

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください