絵のようなサイトを作りたい

 

憧れのサイト・イメージ、
それは、この絵。

アンリ・マティス Henri Matisseさん、
1952年の作品、Blue Nude Ⅱ。

アンリ・マティス Henri Matisse作・BLUE NudeⅡのイメージ
Blue NudeⅡ  注)本物より下が大きめ

 

観るほどに、すがすがしく。

イメージが頭の中に
す~っと入ってきて。

どこか微笑ましい。

 

なぜ、マティスさんなのか?

大好きな画家❤という理由もありますが

それ以上に、
今のウェブサイトに
ウンザリしているのです。

 

ウェブサイトは情報の掲示板。
それはよく理解しています。

どうしても情報量は多くなる。
それも解かります。

 

でも、そのために
画面がゴチャゴチャして
読む側が心の余裕を失ってしまう。

インターネットが
心豊かな時間を奪うメディアになったら
ツマラナイ。

そう考えるのです。

 

すでにその兆候は現れています。

多くの人に検索される記事は、
シンプルな写真や動画ばかり。
(cf.インスタ映え)

 

それは、
文字や文章がノイズ(:騒音)化
していることの表れでもあります。

大袈裟と言われるかもしれませんが、
これは、ウェブサイトの危機だと
思っているのです。

そこをなんとかしたくて。

 

でも、写真や動画の魅力を
無視できませんよね。美しいですから。

だとすれば、
「美しい」の力をお借りして、
その輝きの中に文章を置いてみよう。

 

そう考えたのです。

そして、理想をマティスさんの絵に。

 

実際に作ってみました

Blue Note Ⅱ には遠く及びませんが、
以下のサイトを作りました。

 

公式サイトです。(2019年10月16日現在)

矢嶋ストーリー公式サイト(一部)のスクリーンショットです。2019年10月16日現在のデザインです。

 

I think でいこう という
「考える」応援サイトです。

矢嶋ストーリーのサイト「I thinkでいこう」 §08フレーズを増やそう(一部)のスクリーンショットです。2019年10月16日現在のデザインです。

 

そして、このブログも。

本当なら、アフリエイト広告とか、
いろいろなアイテムを付けられますが、
付けないようにしています。

SNSのシェアボタンも小さく。

背景は白。背景画像なし。

記事の印象を薄めたり歪めたりする
ノイズ(騒音)は極力排除しています。

 

これからも

素人の足掻(もが)きのような
チャレンジですが、
文字や文章に親しめるサイトを
作り続けて行こうと思います。

 

多くの方に共感いただいて、
同じ思いのサイトをそれぞれで作れば、
文字や文章に親しめる機会、きっと広がる。

そんな予感もしています。