コミュニケーションは交歓へ

 

お知らせです

新刊、出ました。

今度は、これからのコミュニケーション論。
タイトルは『認識の交歓というアレ』。

表紙はコレ。👇 😄

矢嶋ストーリーのmarketing 1coin series(7)『認識の交歓というアレ-これからのコミュニケーション論-』(著者、矢嶋剛Takeshi Yajima)の表紙です。

 

コミュニケーションとは?

を、真面目に書きました。

世の中、コミュニケーション、
〇〇コミュニケーション、な言葉が
乱れ飛んでいますけど、
意外に本質は理解されていません。

でもそこが解からないと、これからは。😱
なので書いてみたのです。

なぜ、なのか? 一番の問題は時代の変化。

 

 

一方的は終わり… な時代へ

兆しは「広告見たくない現象」として表出。

 ネットの広告 ⇒ 広告ブロッカーで非表示

 SNSの企業アカウント ⇒ ブロック or ミュート

 映画やドラマの有料放送 ➾ CMありえない

 

変化はさらに続きます。
「広告見たくない」は始まりに過ぎません。

わたしたちはこれから、
相手(送り側)からの一方的な押し付け
可能な限り排除します。

 

 「ここで感動!」を強要するテレビ番組、低調

  質問・議論ができない授業、不人気

  問い合わせに不誠実な企業、没落

そうなるのは確実です。「一方的」は既に泥船。
さっさと逃げ出しましょう。

 

 

ですから 処方箋

コミュニケーションの本質を理解してください。

コミュニケーションは元々、双方向。
一方的じゃありません。

マス・メディアやネットを介した一方的は特殊。
そろそろ原点に戻るときが来たのです。

 

 

そこで 『認識の交歓…』は、

コミュニケーション概念の原点、
フェルディナン・ド・ソシュールさんの学説を
みなさんにお伝えする所から話を始めます。

ご理解いただけたら、
コミュニケーションの原理の説明へ。

「認識の交歓」は、そのメカニズムを
表しています。

 

 

この本は、最終的に


売る側と買う側のコミュニケーション像を
例示・解説するのですが、その内容は
コミュニケーション全般に共通な要素を
たくさん含んでいます。

ですから、コミュニケーションそのものに
関心をお持ちの方にもお薦めします。

 言語学、社会学、政治学、組織論、
 マスコミ論、広告論にも言及しています。

 

 

作品ページは こちら から。

お立ち寄りいただければ幸いです。

 

 

近道。ショップはこちらです。
Amazon Kindle Apple Books