コミュニケーション、ぶっちゃけ話

 

これからのコミュニケーション論、
『認識の交歓というアレ』の完成を記念して😄

これが表紙! 会話をイメージしました

 

世の中の
コミュニケーションについて
ぶっちゃけトークします😁

まず、嫌いなことから。

 

テレビ番組のワイプ、やめて!

ワイプって、画面の中に出る画面のこと。

バラエティ番組で、頼みもしないのに
出演者の映像が映って
「感動!」「カワイイ!」「すごい!」
への同調を強要されるやつ。

視聴率欲しさ、たいして面白くもない
映像を盛り上げる”笑い屋“的テクが
ワイプなんだろうけど、すごく不快。

どう感じるか?は、自分で決めます。

 

ワイプとは違うんですけど、

有料放送の番宣、

あれ、
すごく鬱陶(うっとう)しい。

お金払ってるんだから、
動画と動画の間に
番宣を入れないで。

いらないぞ、香取慎吾、松本人志。
ドラマの連続再生中に、
気分を壊す時間を強制しないで。

永遠に「スキップ」希望。

 

それにしても、

どうして、こう、
人の楽しんでいるところ、
邪魔するんだろう。

強引に割り込んで、
誘導する。

時代的にズレてる。

ズレてるといえば、

100%宣伝のSNSアカウント。

あれは、もう、どうしようもない
存在になっちゃいました。

なんだかんだ、
それっぽく書いているけど、
要は広告しか流れない放送局と同じ。

買ってよ、買ってよ、買ってよ~な態度、
懐かしいを理由に物を売りに来る
元同級生(怪しい!)と同じ。

せめてテレビ並みに
(=50/60分は番組にする)
広告広報以外の話を混ぜて!

とお願いしても、混ざらないんだろうな。

 

と、軽く吠えてみたわけですが 🐅

こういう仕掛けほど、
自分のしていることを

〇〇コミュニケーション、
コミュニケーション〇〇、
って呼びたがる。

そして、テキトーなタイトルの
セミナーで喋りたがるわけです。

一方的 なくせに!

 

コミュニケーションって、
自分も話すけど、相手も話せて、
ということは、
相手の話を聞くわけで。

これができる、というか、
約束だから、
コミュニケーション。

でも、ワイプなテレビも、
100%宣伝のSNSアカウントも、

相手の話、聞く気ないんだよね、
まったく。

 

彼らの関心は
「反応がどれくらいあったか?」

情報の流し方と、その効果について。
そればっかり。

 

ひどい。

でも無くならない。

その業界でご飯🍙食べてる人が
自らを否定するわけないから。

 

ということで、この手の仕掛け🕸️は
これから、

一方的 が気にならない人、

(例 テレビの通販番組を1時間観れる人)

だけを相手にしていくんだろうな。

そして、ほとんどの人は、
テレビを見捨て、宣伝的SNSを
見捨てるんだろうな。

というか、もうかなり
見捨てた?

 

じゃあ、コミュニケーションは
死ぬのか? というと、

それは逆で、すごく

盛んになっていくと思う。

ストレス・フリーな
おしゃべりが人気になり、

そういうおしゃべりが
できる場所に
人は集まると思う。

お客様😊的に考えると、
そういう場所=そういう存在に
企業がなれる?が
これから問われると思う。

 

けれど、そういうことを、

テレビは、NHKもふくめて
諦めたんだと思う。

新聞やラジオは
迷っている感じがする。

雑誌は変われるかも?

お店は、変われるはず。
元々、そういうところだから。

学校も変われそう。
先生のレベル次第?

会社は… パワーいるけど、
やったほうが身のため。
社員教育のためにも。

とあれこれ、想う最近です。

 

なので、世の中に、

コミュニケーションって?

を、あらためて考えたくなった人、
多いんじゃないかな。

今度の本を書いたのも
そんな理由からです。

作品ページ👈こちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください