マーケティングのメモ、どうぞ

 

学ぶ機会、もっと広がれ!

と思って
『マーケティングの知見メモ』という
サイトを立ち上げました。

メモの中身は、お客様😊に役立つあれこれ。

お客様😊を目指すときに、
マーケティングの本が忘れがちなモロモロ。

いろんな学問が見つけた知見(知識と見解)を
ご紹介しています。

たとえば、偏見について。

世の中の偏見は、どうして広がるの?

この問題に関する、社会学の有名な議論、
ステレオタイプについてメモっています。

実際の文章をご覧ください。

 

ステレオタイプの弊害

よく知らない事象に対する安直な偏見をステレオタイプ stereotype と言います。「アメリカの人って〇〇だよね」「それってステレオタイプだと思うよ」的に使います。ステレオタイプで物事を語る人は、真実から遠いところにいます。たとえば、先ほどのアメリカ人という言い回し。アメリカに行けば、暮らしている人が一様ではないことは誰にでも解ります。それを一括りに語る危うさ。日本のオジサン、オバサンも似たようなものです。よく知らない⇒想像⇒脚色⇒偏見。恐るべき誤解の広がり(例 外国映画に出てくる日本人像)。ステレオタイプについて詳しく知りたい方は、ウォルター・リップマン Walter Lippmann 著『世論』(岩波文庫)をどうぞ。

 

この字数、約300字。

一読で理解していただけるように、
簡潔に、必要な事だけを綴っています。

もちろん、内容は
どこに出しても恥ずかしくないレベル。
(書いてある内容を、大学の先生や
 マーケティングのプロたちに話してください。
 彼らも意外と知らないかも)

というわけで、ご活用ください。

 

「えぇと、でも、何が書いてあるか。
 よくわかんないんだけど」

な声が聞こえてきそう。

そうですよね。

実際のメモのタイトルは、サイトを見てください。

なにやら、たくさん並んでいます。
そして、その知見のジャンル(=元々、どこの出身)
ですが、

多彩です。

経営学、経済学、社会学、心理学、人類学、
歴史学、文学、芸術、情報工学などから、

いろんな知見を紹介します。

文学?って思った方、鋭い。

論理だけでなく感情も取り上げていきたいと
考えているのです。

人間の理解には不可欠なのです。

 

さて、このメモですが、

お読みいただくには…

閲覧パスワードが必要です。
<わたし>の作品のご感想を
お寄せいただいた方に
もれなくプレゼントしています。

 

応募方法、こちらです。(知見メモ内ページ)

ではでは👋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください