イザベル・コイシェ監督の音

 

たまに映画を観に行きます。

行く前に、予備知識を得ないように
努めています。

頭、空っぽのまま、
スクリーンに現れる世界を
ストレートに楽しみたいからです。

そんな映画館行。
今回は『マイ・ブックショップ』を
観に行きました。

 

こんな雰囲気の作品です

( ↓ フライヤーより)

イザベル・コイシェ監督作品『マイ・ブックショップ』(原題:MY BOOKSHOP)のフライヤー。一部が切り取られています。

 

いい映画でした。

静かで。惹き込まれます。

 

音が心地よいんです。

とくに、人のいないシーン。
風景に寄り添った音が魅力的。

 

沖から海岸へ吹き寄せる風の音。

風が通り過ぎていくときの
林のざわめき。

 

ストーリーや演技と違って、
伝え/伝わりにくいのですが

すごく、ゆったりした気分に
なれました。

 

(この映画のメイキング動画を発見。
 風が映ってます。伝わりますように)

 

上映が終わる頃、

エンドロール(最後に現れるスタッフ一覧)が
スクリーンに映し出されるときには、
監督の名前、知りたくなっていました。

イザベル・コイシェ Isabel Coixet Castillo さん 
っていう方なんですね!

また一人、素晴らしい方を知りました。