『ゲド戦記』は、第2巻が WONDER

 

楽しく (^O^)  読みました。

『ゲド戦記』は全6巻。
岩波少年文庫から出ています。

第1巻『影との戦い』
第2巻『こわれた腕環』
第3巻『さいはての島へ』
第4巻『帰還』
第5巻『ドラゴンフライ』
第6巻『アースシーの風』

まだ読んでいない人は、
第1巻で止めずに、第2巻を、ぜひ。

ゲド戦記2『こわれた腕輪』。同1『影との戦い』・アーシュラ・K.ル=グウィン作、清水真砂子訳。
第2巻『こわれた腕輪 ゲド戦記2』の表紙です 

 

というもの、
作者 アーシュラ・K. ル=グウィン さんの
描く、本当の世界は第2巻から見えてくるから。

そんな感覚を、わたしの経験から
少しだけ紹介します。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

不思議と遠い作品でした。

スタジオジブリが…映画化が…を耳にしても、
友人が薦めてくれても、心は動かず。

しかし、目の前に実物をドンと積まれ、
ようやくページをパラパラ。

 

でも、第1巻『影との戦い』は…。

主人公ゲドに、生まれつき魔法の才能があり、
魔法を憶え、それを使って…。

これってRPGの元ネタ?という展開。

さっそくのウンザリ気分でしたが、
RPGと違ってボスキャラが出てこない…

に気づいた辺りから楽しくなり始めました。

 

ハマったのは、第2巻『こわれた腕輪』。

読んで、天が晴れたような気持ちに…。

ゲドは主人公ではなくて、
ゲド戦記が語られる「アースシー」という世界
(各巻に地図アリ)こそが、
物語の中心だったのです。

かくしてゲドは… 巻が進むにつれ

ヒーローの座から降り、姿を隠し、
静かに生きていきます。

つまり、『ゲド戦記』は、
 ゲドでも戦記でも無くなります。

物語の原題 ”Earthsea” に
 静かに戻っていくのです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

だからこそ、『ゲド戦記』
いいえ、”Earthsea” は、
世界中の人の心を
惹きつけるのだと思います。

ちなみに…

スタジオジブリの映画『ゲド戦記』は
『ゲド戦記』の名を借りたけど、
その世界をゆがめてしまった失敗作です。
オモシロくなくて当然です。

アーシュラ・K. ル=グウィン
あれは別の物語(怒)と
コメントしています。

たしかに…
あれは、ひどすぎます。