『薔薇の名前』曰く、知の占有は愚策

 

ウンベルト・エーコ Umberto Eco さんの
小説『薔薇の名前』。

作品ジャンルはミステリー。

舞台は、1300年代のヨーロッパ。
カトリックの僧院に
連続殺人事件が発生します。

(これ以上、ネタバレは無し。
 安心して、続きをどうぞ!)

 

ミステリーの顛末とは別に、
この小説には「なるほど~」が
あります。

当時のカトリック教会に
触れられるのです。

読めば、お分かりになりますが、

 

舞台となる僧院では
多くの修道士たちが学問をしています。

彼らは、純粋に、ただひたすら
学び続けているように見えます。

しかし実は…

 

作者は、違和感を描きます。

彼ら修道士は、
自分たちの教義を守るために、
内部から湧き上がる矛盾を
「異端」として減殺し、
外部世界を「異教徒」として
遠ざける!

 

守ってきた価値観や学識が
崩壊することを極度に恐れる。

なぜか?
自身の社会的地位も危うくするから!

 

その嫌らしさを、エコーさんは
チョット難解で、ときに冗長な表現を通じて
おどろおどろしく描きます。

そのシンボルとして
教皇、皇帝、聖書、聖人、様々な怪物・怪人…が
次々と登場するのです。

 

そんな作品の読後感。

読み終わったとき、「怖いな」と感じました。

一部の者が情報や知識を独占し、
無知な者は永遠に無知でいる。

無理と矛盾を力で抑え込む。
そして社会は進歩を停める。

そうならないために
どうすれば?

(下の「ドアは?」は、そういう意味!)

中世の尖塔の脇に「ドアは?」の文字。ウンベルト・エーコさんの小説『薔薇の名前』を想って。
多くの人にとって、学びの道が閉ざされていた。そんな時代があったのです。

 

現代社会にとっても重要なテーマ。

機会があったら、読んでみてください

 

できれば、
映画(1987年。ショーン・コネリー主演)より
小説をお勧めします。

映画は、話題づくりのためか、
SEXの描写が多いのです。