近くの個店・幸福論

 

暮らし・生活の実体験から申し上げますと
近くにステキな個店があると、幸せ増し増し!
な気がいたします。

そこで、「近くの個店・幸福論」なるものを
呟いてみようと思います。

折角ですから、ご商売ごとに。
では、スタート!

 

肉屋(精肉店)

ひき肉=解凍肉のスーパーがあります。
でも解凍肉のハンバーグ、餃子って美味しくない。
でも個店なら大丈夫。おまけにオーダーカットも。
ポークソテーの厚さは、いつもの、わが家好みで。

 

魚屋(鮮魚店)

予算内でステキな刺し盛りを作ってくれます。
これを入れて、これは避けて、も自由自在。
そんな刺し盛りで手巻き寿司パーティー。
いつもと違う豪華な気分!

 

八百屋(青果店)

最近のスーパー、野菜も果物も高くなりました。
その隙を付く八百屋さんは、仕入れセンスを発揮。
旬の品物を中心に、手頃な価格を実現します。
季節を感じる店頭は、お財布に優しい。

 

パン屋(ベーカリー、ブランジュリ)

大きな工場と違って、それぞれに店の味。
粉、生地、焼き方、みんな違います。
ですから、いろいろな食べ方の提案。
揚げ餃子パンなんていう仰天!が絶品です。

 

米屋(精米店)

売りたい米がある。それは産地・農家を語れる証。
質問すれば、いくらでも教えてくれます。
パエリァに向いている日本米は?
重くてもデリバリーしてくれるのも魅力。

 

酒屋(酒販店、ワインショップ)

ピンキリ。その良いほう、ピンを仕入れられる。
店主の商品知識が成し得る、まさか!
「幻の…」をバカ値で呑むより遥かにお得です。
よき店主を、わが家のソムリエ、利き酒師に。

 

和菓子屋(団子屋、鯛焼き屋)

店裏で作っているから、職人に店のようすが聞こえ、
客には職人の仕事ぶりが伝わってきます。
そんな和菓子がふだんのおやつ。
あんこの味は、お店の個性。つぶあんの具合も。

 

ケーキ店(ラパティスリ)

誕生日ケーキを都心で? 電車の中で箱を抱えて?
なんて無駄。そんな手間をかけなくて済みます。
気軽に行けるので、パティシエ、パティシエールと
仲良くなれます。リクエスト、いろいろできます。

 

花屋(生花店、フラワーショップ)

花のある暮らし。花瓶に季節の花。一輪もキレイ。
でも花って手ぶらじゃないと買いにくい。
持ち帰る途中に、せっかくの花を傷つけたくない。
ですから散歩がてら。それが、ベストです。

 

書店(本屋、ブックショップ)

売り場が小さいと、店の「売りたい」が見えます。
その品揃えが、自分の好みを変えてくれるかも。
「あっ、こんな本、知らない!」なんて感じで。
意外な好き💛を見つけられる。ラッキーです。

 

文房具店(ファンシー・ショップ)

筆箱、消しゴム、鉛筆、シャープペン。
どれも、小学生以上のお洒落アイテムです。
ですから、かっこよく決めたい!
学校帰りに寄って、「わぁステキ」を見つけたい。

 

クリーニング店

生地と縫製を知るプロ。クリーニング店の店主。
ワイシャツ一つを考えてもわかります。
ありとあらゆるシャツにアイロンを当てていく。
手仕上げをする。そんな人が身近にいます。

 

食器店(陶器店)

使うから食器。毎日に食卓を彩ります。
ですから一回、ステキな器を手に入れると幸せ。
でもどこで買えるでしょう? 百貨店に?
百均のプリント食器? どちらもちょっと…。

 

金物屋(雑貨店)

職人さんが使う道具はしっかりしています。
煮物の鍋一つとっても、作りが違います。
それでいて、大型スーパーやホームセンターより
安いこともしばしば。そんな品々、見つかります。

 

蕎麦屋/饂飩屋

店の裏手から、かつを鰤のよい香り。
そばみそ、かまぼこ。乙な味わい。
旅先で、わざわざ並ばなくても。
実は、おいしい天麩羅の店でもあります。

 

寿司屋

マグロ一皿100円。片や一貫2000円。
超安と超高級に分断されたせいで、
寿司の楽しみを知らないなんて。
リカバリー拠点は、歩いてすぐ。

 

中華料理屋(ラーメン店)

玉袋筋太郎さんが『町中華でやろうぜ』で
魅せつけている通り、中華屋さんのおかずは旨い。
火力、鍋の厚さ、店主の鍋振り。レンジでは無理。
食べられるんですから、食べた方がお得です。

 

カフェ(喫茶店)

コーヒー豆に炒り方・ブレンド・淹れ方。
店ごとに違います。何を一緒に食べるかでも。
スターバックスが営むこだわりの店は、
喫茶店に回帰しているんです。ご存知?

 

お茶屋(茶舗)

みんな緑茶が好き。ペットボトルの売れてます。
でも何を飲んでいるのか、知りません。
そこを教えてくれるので、緑茶ライフ、リッチ。
きちんと淹れると、香り、違うんです。

 

 

以上、19種の魅力紹介、いかがでしたか?

近くのお店、いいものです。

「なんとなく不安」で
利用したことがない人も多いと思いますが、
意外によかったりします。

ご自身・ご家族の幸せのために、ぜひ。

 

店主のみなさまへ

勝手を書いて、すみません。

しかし書かずにはいられないのです。

実際に利用して、
よかったなぁと感じでいますし、

マーケティング的にみても、
個店には大いなる魅力と発展の可能性が
あるのです。

しかし、多くの人がそれに気づいていない。
たとえば、ここに書いたことに。

 

ですから、応援したいのです

よろしければ
『パンで街を幸せに』という
マーケティング・ストーリーを読んでください。

個店応援ストーリーです。
個店発展五策が解説に載っています。

ストーリーのイメージは、こんな感じです。
個店は、個店x個店の掛け算でも戦えます。
そこに商店街の戦略的価値が見出せます。

まず幸せな気分に! お腹が空く話なら…。メンチカツとパン(バゲット)の組み合わせなんて、どうでしょう?
美味しいパン(左) × メンチカツ(右)

 

作品ページは、こちらになります。