暮らし満足=近所の個人店・説

 

最初にお断りしておきますが、
スーパーやコンビニの非難じゃ
ありません。

個人店の魅力をお伝えしたい
だけなのです。

†††††††††††††††††

 

最近、こんな事がありました。

近所の精肉店が
商売をやめてしまいました。


その店は、ちょっといい肉を
売っていて、

鶏もも肉なんか、素焼きにすると
最高でした。

足2本分、大振りで1000円くらい
ですから、値段も手頃。
中途半端な外食をするより
よほどお値打ちでした。

 

ところが、閉店です。

買う側は、打つ手なし。

あの肉質をスーパーが
扱うのは無理なので、

ウチの人気料理
「鶏もも肉の素焼き」は
食卓から消えました。

 

似た経験をなさった方、
いらっしゃいませんか~

寿司屋さんもね~。

 

近所に、寿司屋さんがあれば、
(今では貴重な地域?)

スーパーとかコンビニの寿司を
食べずに済みます。

回転寿司にも行かなくても
寿司ライフを楽しめます。

でも、無ければ…

 

仕方ないじゃないですか。
寿司、食べたいもの。

だから、スーパーので
我慢するんです。

 

個人店というのは、
近隣住民の暮らしの質
QOL、Quarity Of Life
を決めてしまう、

凄い存在なんです。

 

個人店が貧弱で、
チェーン店しかない地域なんて
実に淋しいもんです。

○○ニュータウンのヤバさ、は、
その辺りにあります。

 

テレビの旅&散歩系ロケ番組を
思い出してください。

商店街のシーン、
チェーン店は完全無視でしょ。

 

理由はテレビにならない(=ツマラナイ)。
これがみんなの本音です。ですから、

 

個人店、頑張れ~!

そんな想いを込めて
商店街再生ストーリーを書きました。

ストーリのイメージは、こんな感じ。

まず幸せな気分に! お腹が空く話なら…。メンチカツとパン(バゲット)の組み合わせなんて、どうでしょう?
この商店街、最強コンビかも?

 

揚げたてのメンチカツ(写真・右)を売る
肉屋さんがあって、

美味しいパン(写真・左)を売る
パン屋さんがあったら、

それだけで、すっごい幸せ❤

 

よかったら、読んでください。

パンで街を幸せに