伝説のラジオ番組
Salaam Shalom(音源アリ)

 

ラジオ、テレビより地味。

でも、素晴らしい。

世界をアッと言わせます。

そんなラジオ番組
Salaam Shalom(UK、2007年)の
話を書きます。

これはラジオ史の偉大な事件。
伝説といってもいい出来事なのです。

 

2007年2月のことでした

UKに住むアラブの方とイスラエルの方が、
ローカルFM局“BCfm Radio”の同じ番組に
交互に参加しました。

最後は、一緒に出演しました。

ブログ・矢嶋ストーリーnewsの「伝説のラジオ番組 Salaam Shalom」という記事のOGP画像です。 この記事では、かつてUKのローカルFM局が制作・放送した Radio Salaam Shalom を紹介しています。この番組は、UKに 住むパレスティナの方とイスラエルの方が一緒に出演し語り合った 伝説の番組です。彼らの母国はもう何十年も戦争を続け、互いを 殺し、殺されて続けています。今も激しく憎み合っています。 それが隣に並び、言葉を交わす。その現実をイラストにしたのが このOGP画像です。中央に二人の人物。互いに緊張。でも一緒に いるのです。このイラストの下にキャプションを置きました。 I draw the Raido Salaam Shalom. 矢嶋剛・画。
そのイメージ。わたしのイラストです。

 

世界は、驚きました

ご存知のように
パレスティナとイスラエルは
今も戦争状態にあるからです。

殺される。殺す。殺す。殺される。殺す。
憎しみは膨張し、対立は激しくなるばかり。

 

ですから、無理だろうと
多くの人が思い込んでいました。

 

でも、人として解り合えるはず。

この想いが、
ラジオ番組になったのです。

 

その番組名、

Radio Salaam Shalom

Salaam はアラビア語の「平和」、
Shalom はヘブライ語の「平和」を
意味します。

このラジオ放送は
インターネットで配信されたために
世界中の人々に届きました。

世界中が聴きました。

 

放送は終わりましたが、
音源は iTunes store で公開されています。

Radio Salaam Shalom の音源。 放送は終わりましたが、 iTunes store で公開されています。
ラジオ史に遺したい音源! ありがとう、Apple (^o^)/

 

機会があれば 聴いてください

以下の、風景が現われます。

 

アラブの方も、イスラエルの方も、
最初は、身を固くしています。
色々な感情が内側で渦巻くいる様子が
伝わってきます。

その空気の中で
まず、それぞれが自分たちについて
語ります。
次に、相手の話に耳を傾け始めます。
そして、遂に番組に一緒に出て…。

 

ものすごい緊張感の中で、
何かが生まれていく過程を体感できます。

実は、その様子を
NHKがドキュメンタリーにして
放送しました。いい番組でした。

 

この撮影、彼らにも印象的だったようです。

Radio Salaam Shalom のページには
Japanese television even came to Bristol
to film a documentary about us.
(:日本のテレビ局さえ来たよ。
  ブリストルにね。撮るためさ。
  ドキュメンタリーさ。私たちについての)

という一文があります。
NHKの名はないけど🤣

ちなみに、Salaam Shalom は、
両者の交流を支援するNPOの名前でも
あるのです。今も活動しています。

 

ラジオって

大きな可能性を秘めています。

Radio Salaam Shalom は
受賞しなかったけれど、
ノーベル平和賞級の変化を
実現しました。

凄いことだと思います。

世界遺産ならぬラジオ遺産があったら
確実に登録されるでしょう。

2007年の冬、UKのブリストルで、
そこのローカルFM局で
何が起きたか?知っていますか?

という称賛と共に。

 

この番組はインターネット配信されました。

インターネットラジオは世界中に届きます。
拍手は世界中から届きます。

すばらしい仕事をすれば、
世界の人から認められる。

ラジオはそんな時代に入ったのです。

 

そう考えると、ラジオの可能性って
どんどん高まっていく感じがします。

いろいろな事ができるはず。

 

今までは、伝説のラジオ番組というと、

 

全米をパニックに追い込んだ
オーソン・ウェルズの『宇宙戦争』の放送

(テレビのない時代、宇宙人襲来と勘違いさせた)

ニッポン放送のオールナイトニッポンで
DJが急逝したと嘘を流した放送

(「吉田拓郎死亡放送」と呼ばれる)

のようなトリッキーな番組ばかりが
話題に上りました。

『宇宙戦争』はマスメディアの力を示す
エピソードとして。

『吉田拓郎死亡放送』も同じく。

でも世界を動かすような仕事じゃない。
世界から拍手されるような事でもない。

その意味で、ラジオまだまだ。

そう感じます。

では出来ないのか?

 

それも違います。

Radio Salaam Shalom には
出来たのですから。

 

ラジオって、いつもテレビと
比較されて、自信なさげで、
どこがいじけてる感じがしますが、

テレビでは出来ない、それでいて

世界をアッと驚かせる!

変化を起こせると思います。

 

そういう目線で番組作りをしたら、
なんか凄いことが起こりそう。

Radio Salaam Shalom を
超えて欲しい。強くそう思います。