簡単ガイド 観察調査のすすめ 

 

お待たせしました

marketing 1coin series の第6作
『観察調査のすすめ』

昨日4/3、 Amazon Kindle さん
今日4/4、 Apple Books さん で

祝・発売となりました。\(^-^ )

 

こんな表紙です(=白い部分)

この本👆、
観察調査をすすめています。

 

観察調査をご存知ですか

社会調査の一手法です。(アンケートと同格)
英語で observation survey といいます。
観察調査法という表現を使いたい人は、
observation methods と言い表します。
※wilipediaの記事は混乱しているので注意!

何をするのか?というと、
文字通り、観察です。ただ眺めます。

それだけで、色々わかります。

 

例 バーbarのことを本で知っている人

例 バーbarに行ったことのある人(経験)

例 バーbarの様子を眺め続けている人(観察)

という訳です。
『書を捨てて街に出よう』by 寺山修司

 

なぜ 調査?

現実を知らないと、何も始まらないから。

なぜ 観察?

人々の姿を想像できないと意味ないから。

とくにマーケティングの場合は、そう。
数字ばっかりじゃ、何にもならない!

 

昔の人は、よいことをおっしゃいます。

  百聞は一見に如かず

  論より証拠

  現場百回

ですから、観察調査です。

 

簡単なので ガイドにしました

観察調査は、簡単です。
方法、自由。費用、ほぼゼロ。

ですから、おすすめ。

あと必要な情報は、
・結果をどんな風にまとめるの?
・何がわかるの?

だと思います。
そこで、調査結果のまとめ方(例)を
よみやすいエピソードにして、
12篇、お付けしました。

詳しい話は、作品ページで。

こちらから、移動いただけます。