お盆 = おかえり の楽しみ方

 

お盆。Obon。

以前ほど、意識しなくなったけど、
実はステキな習慣。

なぜって、
亡くなった家族(with動物たち)が
家に遊びに来るんです。

それって、すごく幸せな時間。

 

見えないけれど、みんな、傍にいて
お盆の入りから明けまでの
数日間を家で一緒に過ごす。

せっかくだから、ご馳走を!

お祖父ちゃんの大好きだった焼き鳥とか、
先代ワンコが好きだった煮豚とか、

食卓に並べて、ワイワイ食べる。

いいと思いませんか!

 

そんな日本のハッピータイムを
楽しんでください。

そこで、どうすれば? を
ちょっと解説してみます。

 

お盆は迎え火で始まります。

炮烙(ほうろく、土器の皿)の上で
苧殼(おがら:皮を剥いだ麻)を燃やします。

苧殼を燃やす場所は、
家の玄関の前。

煙を天に向かって放ち、
「お帰りはこちら!」を家族に知らせます。

この方法の利点。
迎える側が引っ越しても迷わない。
(おぉ、賢い!)

でも1つ弱点。
陽が落ちて暗くなると煙が見えにくくなります。
日没前に、苧殻を燃やしてくださいね。

帰るときは、送り火で お見送り。

迎え火で使った炮烙を再び取り出し、
日没前に苧殼を燃やします。
今度の煙は、迷わず天に帰れる用。

そうそう、苧殼は迎えと送りの2回使うので、
買ったら半分ずつ使ってくださいね。

それでは、お盆、お楽しみください。