鯛焼きの404エラーページ、完成

 

404エラーページ。

サイトに、お探しのURLがなかったときに
「見つかりませんでした」と表示されるページ。

あれ、404エラーページと言います。

そして、404エラーページ、
自分で作ることができます。

 

もし作れたら、

アクセスしていただいたのに。

すこしでも楽しい気持ちになってください!

というお気持ちを
自分で表せます。

それは、よいなぁ!

ぜひ、やりたい!

そう想って、今回、
制作させていただきました。

 

実物はあとでお見せするとして、

本当は、もっと楽しいページに
したかったんです。

たとえば、ヤマト運輸さんのように。

あの404エラーページはゲーム付き。
たくさんの段ボールを指タッチ、もしくは
マウス・クリックで開けていくと
あのクロネコさんが……な、アトラクション仕様に
なっています。 こちらから! 遊んでみて!🐈‍⬛

でもローテク。制作能力なし。

結果🎈🎈🎈
必要最低限な機能をつけた(=homeへ戻る)
イラストとなりました。

お待たせしました。
こんなページです。

鯛焼きが…お詫びをします。

「申し訳ございません。…」

これで、少しでも、
癒されていただけたら。

そうそう、
この鯛焼き、
『いろはカルタ経営学』の表紙にも。

妙に気に入ったので、twitterInstagram
プロフィール画像にも使っていますが、
この404エラーページにも登場することに
なりました。

(なぜ、鯛焼き?は、聞かないでください🤣)

 

さて、

では、なぜ、このタイミングで
作ったかというと

サイトの引っ越しをしたんです。

先日、2019年11月17日のことです。

 

独自のドメインを持っていた作品サイトたちを
 例 https://banana.yajima-story.tkoyo/

矢嶋ストーリーのサイトに編入しました。
例  https://yajima-story.tokyo/ebooks/ebook-banana.html

目的:作品のシリーズ化に向けた準備です

 

そして、
サイト内の以下のページも移動・改編しました。

「物語 固有の構造」 structural.html
「経営への影響」 effective.html
「みんなでマーケティング」 everyone.html
「自由になろう」 befree.html

目的:それぞれのテーマを作品に育てます

 

終わってみれば、大規模な引っ越し。

既存ページは可能な限り残しましたが、
削除したページもあります。

削除したページにアクセスしても、
新ページへ自動的に移動するように
してありますが、

完全とは言い切れません。

ご迷惑をおかけするかもしれません。

ですから、せめて…

 

そんな気持ちから誕生した
404ページです。

出てしまったら、ごめんなさい。

ちなみに、

https://yajima-story.tokyo/ariehen.html

上のURLをクリックすると(存在しないURLです)
鯛焼き、現れます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください