YouTube で 名作を復活させよう

 

知的財産権の保護は、とても大切です。
海賊版は、ダメです。

でも、権利の保護することばかりに
目を向けると

名作であっても
世の中から、忘れ去られる…

それは、もったいない気が
しています。

 

考えてみてください。

テレビで紹介される機会なんて、まずないし。

若い世代ほど、テレビ観ないし。

存在さえ知らないし、中身を確認できない。
そんな名作をネットで検索できるはずもなく。
(SEOの凄まじさは、ご存知でしょ!)

 

だから、認知率を上げる広告として
名作のオイシイところを
YouTubeで…積極的に!

そう思うんです。

 

映画なら…
面白そうなシーンだけ。

『ダーティー・ハリー』なら…

『天使にラブソングを』なら…

 

優れた作品は、人の心に響きます。
時代を超えて、いつも、誰にも。

YouTube や Instagram を通じて、
世界中の人のセンスが向上した事実に
いま一度、目を向けてください。

これからは、名作の時代です。

 

桑田佳祐さんにも お伝えしたいなぁ。

サザンオールスターズ関連は、
知的財産権の保護がしっかりし過ぎて、
YouTube で、その魅力の片りんを
感じることさえ出来ません。

 

昔、フジテレビ系で放送した
『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』
という番組をご存知ですか?

桑田さんの音楽に対する姿勢を
センスとともに伝えてくれる
名番組でした。

DVDもあるんだから。
オイシイところ、チラリで
桑田さんの想い、広がるし、
次代に引き継がれていく

思うんですけど。

 

『音楽寅さん』の何回目だったか、
ゲストに沢口靖子さんが来て、
鎌倉の寺の境内で、桑田さんが
♪夕陽に別れを告げて
を生ギターで歌う回があったんですが…

あれなんか、
みんなに聴いて欲しいなぁ。

曲も、DVDも、響いたら、
人は、お金出して、買うと思います。
 ※〈わたし〉はそうしました。 

 

せっかくのネット、
名作を遺すために
YouTube を活用できないでしょうか。

そんなことを考えてみました。