愛する人へ花と本→聖ジョルディの日

 

¿Sabías?(ご存知ですか?)

スペイン、カタルーニャの人たちは洒落ています。

愛する人に花をプレゼントするって、イイね。
今日は、本を添えてみたら?

🌹+📖 😍

こんな提案をしているのです。

 

でも、どの国にも、恥ずかしがり屋さん、
照れ屋さんはいます。

そこで、きっかけが欲しい人に、
特定の日付を差し上げましょう。

で、4月23日に。

それが、聖ジョルディの日
(サン・ジョルディの日)。

みんなで贈れば、怖くない😆

 

さて、贈る人ですが、

愛する人なので対象は広くて、

ご家族、友だち、誰でもいいそうです。

本のバレンタインデーは
違うそうです。

娘さんが、お父さんへ🌷
「この本も、読んでみて」と、花を添えて。

友だちどうしで
「この本、よかったよ~!」
押し花🌼のしおりと一緒に。

このパタン、すべてあり!

 

なんか、ふつうに、
いい感じがしませんか。

「最近、本を読まなくなったなぁ」
「なんか読んでもいいかも」
と思っている人に喜ばれそうだし、

「このミステリー、ドキドキしたよ」
なんて軽いノリは、嬉しいかも。

「沢木耕太郎の『深夜特急』、知ってるか」と
お父さんが高校生の息子に手渡す。
なぜか花じゃなくてサボテン🌵とセット!

カッコイイかも😎

 

ということで、
ちょっと、まとめっぽくなりますけど、

サン・ジョルディの日の魅力って

「本を贈る」じゃなく、
「読書の機会をつくる」が
本当で、

なぜ?は、その人を
大切に思うから!
❤💕💞💗💖💝💌💋
が本当で、

愛する人は様々で、
👦👧👨‍🦰👱‍♀️🧔👩‍🦰🧓👩‍🦳

「愛してるよ〜(=大好きだよ)」は、
💐も一緒に贈ることで
表していて。

だから、
サン・ジョルディの日は、かっこいい!
わたしは、そう思います。

※このかっこよさ、アメリカで広がっている
 Little Free Library 運動(自宅の前に
 図書ボックスを作る!)に通じて
 いると思います。

 

ところが、ところが😟

本の業界(出版、書店、図書館を含む)は
「この日を使って、本を!本を!」の大合唱。

サン・ジョルディの日の、
かっこよさ(=カタルーニャの文化)には
ふれず、いきなりの

 世界本の日 World Book Day  あっそう!

 世界図書・著作権デー
  World Book and Copyright Day  それで?

 子ども読書の日 なんじゃ、それ?

を強力プッシュ。
もはや何の日か、もはや誰にも分からない😅

 

もっとも酷い、曲解プロモーションは
先ほどチラッとふれた
この日は本のヴァレンタイン・デー
本を贈って、愛を告ろう!
😘 

な「キモ!」。
さすがに無くなりましたが…

 

 

そんな冷静なみなさんに、ご提案。

4月23日を想うなら!

本来の、カタルーニャ地方の
習慣、文化、気持ちに
敬意を表して、

愛する人へ、花と読書を贈りませんか。

そんな思いをイラストにしてみました。

Felicitació, del dia de Sant Jordi. Happy Sant Jordi's Day. 23 avril est le jour de Sant Jordi. 4月23日はサン・ジョルディの日です。ステキな本を愛する方へ。矢嶋剛のイラストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください