『パリの家族たち』=母の日。映画です。母を巡って、いくつもの人生が輪舞します。好きな作品。

 

監督は、

マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール
Marie-Castille Mention-Schaar さん。

彼女は、人物よりストーリー、
ストーリーより社会、を描く人で、
「こういうの、いいんじゃない!」が
作品メッセージになっています。

この『パリの家族たち』、
(原題、母の日 La Fête des mères)も
そんな作品です。

 

予告篇はこちら。

 

ご覧の通り、プロモーションでは
「女性」「母親」を強調していますが、
実際は、そんなことありません。

 

多くの人の人生が描かれています。

女の、男の、子どもの、老いた人の…。

それぞれの人生を結ぶノードnode が
母親な、だけなのです。

母親の、母親が、母親で、
母親に、母親は、母親へ、
母親と、母親を、… 。

それぞれの人生がスクリーンの中で
輪舞 rondeau しています。

そこには、夫や息子の人生も
あるのです。

そんな人生のクロスオーバーを
(:別々のストーリーが
  人がすれ違う程度に
  重なり合う)

彼女は「母の日」として描いたのです。

 

ここがフランス的かもしれない!
と思わせる所は、個の強さ。

自分があって、母親があります。

仲良し母娘ステキ! でもなく、
母親礼賛 でもない。

このクールさに
愛情が流れ込んでくる。
そんな雰囲気の作品です。

 

残念なのは邦訳題

どうしてタイトルを
『パリの…』にしたのか?

タイトルは原題通り『母の日』もしくは
そのカタカナ読み『フェットゥ デ メー』のほうが
内容が伝わると思います。

この辺りの、「おふらんす」感覚が
作品紹介の妨げになっている
(:必要と配給サイドが考えている)
とすれば、
日本ってまだまだ、な感じがします。

 

そうそう (余談です)

途中のシーンで、通りの向こうから
若い、妊娠した女性が歩いてくるんです。
彼女、『奇跡の教室』で教室の一番前に
座っていた人に似てました。
(ご本人かなぁ?)

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』
(原題 Les heritiers 後継者たち)

彼女の作品です。

 

と色々、書き散らしましたが、
大人のドラマ、よい作品です。

機会があれば。お薦めします。

マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督の映画『パリの家族たち』(原題Fête des mères)のフライヤーの一部。観終わった後、カフェで撮影。
フライヤーです。観終わってカフェで撮影。