電子なカルタで、経営学を。画面スワイプ可。電子書籍の特長を生かしたら、いろはかるた、出来。

 

スマホで、画面をスワイプ 🤳 ⏩

スパッ、スパッ。気持ちいい。

この機能を生かせないかなぁ、と
電子書籍を作る者として、
ずっと想っていたんです。

 

そして、気づきました。

紙芝居に ぴったり!

絵が出て、スワイプ。
絵が出て、スワイプ。

そんなキレキレな使い方、できる!

 

こうも思いました。

クイズに 合う!

第1問、答え、スワイプ。
第2問、答え、スワイプ。

盛り上がる気がする。

 

紙芝居クイズ

両方とも、イケる。

組み合わせる。

融合する。

何か、出来るはず!

 

アイデアを練っていたとき、突然、

⚡ ⚡ ⚡

歌留多
かるた
カルタ

の文字が、わたしの脳裏に浮かんだのです。

 

 

カルタ、いろはカルタ、
古臭いかな?

そう思いながら、いろはにほへと

とりあえず、書いてみました。

 

い。 犬も歩けば、棒に当たる (スワイプ)

ろ。 論より証拠 (スワイプ) 

は。 はじめてのチュー (違うぞ、スワイプ)

 

うん、イケそう 😸

そこで、さっそく
マーケティング(お客様🤩)に役立つ
いろはカルタを考案することに決めました。

 

 

で、出来ちゃいました

経営学を詠んだ、いろはカルタ。

最初の「い」は、

詠み人・矢嶋剛(やじまたけし)の電子書籍『いろはカルタ経営学』に収載された「い」の句、「イノヴェーション、圧倒的を目指すのさ」。句の下に解説。イノヴェーションinnovation。nova(新星)をin(内)に!の意。大手企業の Chief Executive Officerがよく使うキー・ワード。AppleがiPhoneで世界を驚かせた「圧倒的」を我が社で!生き残るために、強調します。

画面をスワイプすると~

「ろ」

詠み人・矢嶋剛(やじまたけし)の電子書籍『いろはカルタ経営学』に収載された「ろ」の句、「ロジスティクス、きちんと届く。超重要」。句の下に解説。ロジスティクスlogistics(:兵站)。前線の兵士に武器と食料を届ける軍事行動。転じて、お客様に荷をきちんと届ける物流サービスを指す用語に。このロジスティクス、極めて重要。「宅配便がないamazon」を想像してください。物流の優劣がビジネスの命運を左右します。

が登場。

ねっ、カルタしてるでしょ。

 

 

テーマは、経営学

最初はマーケティングで詠み始めたのですが、
いろはカルタは全部で47札で構成されていて、
(最後の「ん」を加えると48札)

Wikipedia いろは歌 参照

 

その47札を詠み続ける中で、
載せたい内容が、マーケティングだけで
収まらないことに気づいたのです。

たとえば、
景気を左右する家計消費の原理も
詠みたかったし、

サービスのクオリティを左右する
ケア(世話)と人材の重要性、
つまりマネジメントの話も
詠みたかったのです。

 

詳しい話は、作品ページに譲りますが、
出来上がった47札を眺めると
それは「経営学」なカルタになっていました。

 

そこで、素直にネーミング。

このカルタ、
『いろはカルタ経営学』になりました。

   

 

 

実際に 遊んでみると

なかなか、快適です。(手前味噌?)

 

快適な画面スワイプは勿論のこと、

さきほどの「い」と「ろ」の札で
ご覧いただいたように、

句は、す~っと頭に入るし、

句の解説は、直下にあるし、

一人でサクサク、だけでなく、
みんなでワイガヤでも楽しめます。

 

 

クイズ感覚で 経営学 🙋🙋‍♂️

ありそうで、なかった、学びの手法。

出来てしまえば、あら、意外。

?な専門書や講習より、よく理解できます。

 

三色団子🍡 や、鯛焼き などのイラストも
カルタを楽しくしてくれます。(和テイスト)

 

このユニークなカルタで
経営学に親しんでいただければ幸いです。

 

あらためて、作品ページのご案内です。

 

 

さぁ、遊ぶぞ! な方は、
近道、ショップへお越しください。

 Amazon Kindle

 Apple Books