いろはカルタ経営学 出来

 

三色団子と鯛焼きのイラストを
表紙に付けて。

新作、『いろはカルタ経営学』。
よろしくお願いします。

 

本じゃなくて かるたです

それも、いろは。

犬も歩けば棒に当たる、のアレです。

そのかるたで経営学をつかんじゃおう!
という訳です。

 

ですから 遊んでください

読んじゃダメ。理解しちゃダメ。

あくまでも、遊び感覚。

英語のリスニングみたいに、
読み流してください。

「あっ、そう」「じゃあ、次!」

この軽さ、それが大切。

 

すると、不思議

経済、消費、マーケティングなんて
難しそうなアレコレが解かってきます。

マネジメント(:組織運営≠管理)
についても。

 

自身の変化を確かめたい?
それでしたら…

 

遊んだ後に、経済紙・経済誌を

日経新聞、日経ビジネス、週刊東洋経済。
なんでも結構です。読んでください。

何が書いてあるか。深いところで
つかめるようになりますから。

 

まだ お疑いに?

では、すこし具体的に。

物事は、背景を大きくつかんでしまうと
解るようになります。

 

たとえば、これからの製品開発。

ライバルメーカーよりも
「圧倒的に」優れた製品を作れなければ
生き残れません。

この「圧倒的」がポイント。
でも新聞や雑誌は説明を省きます。
専門書・専門家は周辺をウロウロするだけ。
ですから、物事が見通せないのです。

 

じゃあ、どうする?

「圧倒的」がどんな言葉で語られるのか。
よく使われるイノヴェーションとセットで
感じちゃえばいいんです。

感じること。憶えちゃダメ。
歌と一緒。カラオケのように。

 

ですから いろは

犬も歩けば…、 五・七・五で。

 

この句を読み流してください!

イノヴェーション
  圧倒的を
  目指すのさ

 

はい、オッケー。

なんとなく感じちゃうでしょ

実際のカルタの札は、👇なっています。

詠み人・矢嶋剛(やじまたけし)の電子書籍『いろはカルタ経営学』に収載された「い」の句、「イノヴェーション、圧倒的を目指すのさ」。句の下に解説。イノヴェーションinnovation。nova(新星)をin(内)に!の意。大手企業の Chief Executive Officerがよく使うキー・ワード。AppleがiPhoneで世界を驚かせた「圧倒的」を我が社で!生き残るために、強調します。

句の下の【解説】に、今、書いたことが
メモってあります。

 

表紙は、ほっこり和テイストです。

   

 

経済紙や経済誌、スラスラになってください

このカルタ、電子書籍なんで
スマートフォンやタブレットでも
大丈夫です。もちろんPCも。

アマゾン kindle さんで買うなら こちら

Apple Books さんで買うなら、こっちです。

お値段、税込み500円。

もっと詳しい説明をお求めなら、
作品ページをどうぞ!

 

学ばない。遊びましょう。