電子なカルタで経営学を。次々と
現れる経営課題に君は耐えられるか?

 

スマホで、画面をスワイプ 🤳 ⏩

スパッ、スパッ。気持ちいい。

この機能を生かせないかなぁ。

このこと、
電子書籍を作る者として、
ずっと想っていたんです。

 

そして、気づきました。

紙芝居に ぴったり!

「昔々、おじいさんとおばあさんが」の絵が
さっと替わって
「山に芝刈りに出かけました」の絵に。

こんな感じの読み方ができる!

 

こうも思いました。

クイズに 合う!

「最初の問題です。
 名古屋城の天守の屋根にいる
 金色の動物は何?」

「それでは第2問。
 パンはパンでも食べられない
 パンはな~んだ?」

このノリ、盛り上がる気がする。

 

紙芝居クイズ

両方とも、イケる。

何か、出来るはず!

組み合わせたら?

混ぜてみたら?

う~ん。

 

アイデアを練っていたとき、

⚡ ⚡ ⚡

歌留多
かるた
カルタ

の文字が、わたしの脳裏に浮かんだのです。

 

 

カルタか!

カルタは、読まれた札を
取り合うゲーム(例 競技かるた)。

札は次々と読まれ(紙芝居的)
次はどの札?を考える要素も
ある(クイズ的)。

だから電子書籍に合いそうな予感。

 

でも待てよ。

カルタで何をする?

スマホにカルタの札が現われ、
それが次々と出てきて、
それらを一人で読んで。

どうかな?

カルタ作ったことないし。

カルタと言えば、いろはカルタだな。

犬も歩けば棒に当たる。

作っちゃえば、
いいアイデアに当たるかもしれないな。

そう思いながら、いろはにほへと

とりあえず、書いてみました。

 

い。 犬も歩けば、猫も歩く (スワイプ)

ろ。 ローンより現金 (スワイプ) 

は。 はじめてのチュー (スワイプ)

 

なんか
よくわからないけれど、
全体として何かを言い表せそう。

ということで 😸

ものは試し。
お客様😊(マーケティング)に役立つ話を
いろはカルタ風に書いていきました。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

いろは歌に合わせて、47札。

 

最初の「い」は、

詠み人・矢嶋剛(やじまたけし)の電子書籍『いろはカルタ経営学』に収載された「い」の句、「イノヴェーション、圧倒的を目指すのさ」。句の下に解説。イノヴェーションinnovation。nova(新星)をin(内)に!の意。大手企業の Chief Executive Officerがよく使うキー・ワード。AppleがiPhoneで世界を驚かせた「圧倒的」を我が社で!生き残るために、強調します。

 

次の「ろ」は

詠み人・矢嶋剛(やじまたけし)の電子書籍『いろはカルタ経営学』に収載された「ろ」の句、「ロジスティクス、きちんと届く。超重要」。句の下に解説。ロジスティクスlogistics(:兵站)。前線の兵士に武器と食料を届ける軍事行動。転じて、お客様に荷をきちんと届ける物流サービスを指す用語に。このロジスティクス、極めて重要。「宅配便がないamazon」を想像してください。物流の優劣がビジネスの命運を左右します。

 

こんなページを描いて印刷。
「い」から順に紙をめくって、
仮想電子書籍・カルタ風を
試作したのです。

すると案外…

上出来 😉

よく使うけど意味不明な「戦略」は
「す」の札でスッキリ説明できたし、

これからの課題、AI(人工知能)も
「ゑ」の札で指摘できたし。

47札ぜんぶお読みいただけたら、
これからの経営の勘どころを
サクッと理解していただけそう。

そんな予感が強まったのです。

 

加えて。

カルタのリズム、五七五って
気持ちいいな!とも。

言葉がすんなり入ってくるんです。

脳みそじゃなくて、胃の中に、
という感じで。

まさに腑に落ちるというか、
味わいながら納得する感じが
しました。

これって…

秀逸 👆

絵本に並ぶ、わかりやすさテク。

気づいた以上、使いたい。

目の前にカルタあるし。

オリジナルだし。

リリース!

 

になりまして、

作品の一つになりました。

 

遊んでください 🙋🙋‍♂️

表紙は、こんなです。

   

 

タイトルが
『いろはカルタ経営学』に
なっちゃいました。

なぜ?

 

実は、気づいちゃったんです。

札に書いた話、ぜんぶがお客様😊に
通じているけど、話の置き場所って
必ずしもマーケティングじゃない。

むしろ…経営学。

なので素直に、経営学ってことで、
よろしくお願いします。

 

ところで経営学って

〇〇学という言葉のイメージと違って、
ものすごくアクティブな学びです。

むこうから次々とボールが飛んできて
⚽🥎🏀🏉
それを片っ端から打ち返す。

そんなイメージ。

実際は、こうです。

学ぶ人に対し、現実の経営課題が
次々と示されます。

「あなたなら、どうする?」の
質問付きで。

それにとにかく答えていく。
何が何でも答えちゃう。

これが経営学の本当。

そこのところも、
このカルタは経営学しています。

 

詳しい話は、作品ページで。

というわけで、
出来ちゃいました。

カルタしてます。

三色団子🍡や鯛焼のイラスト、
お腹、空きます。

ショップはこちら👇😁

 Amazon Kindle

 Apple Books

 

お客様😊 で、遊んでください。

 

 

“電子なカルタで経営学を。次々と
現れる経営課題に君は耐えられるか?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください