おいしい野菜が食べたくて 新作!

 

表紙に

じゃがいも です。

 

これには理由が

この作品、農業と青果流通を応援してるんです。

なのでタイトル 『おいしい野菜を食べたくて』。

消費者の側から「がんばって~」と叫んでます。

 

作風は SF

SF:サイエンス・フィクション:空想科学小説。

未来を描くなら、SFです。

主役は、肉じゃが大好き男です。
ふつうの人です。

彼が、おいしい野菜を求めて、悪戦苦闘します。
それが思わぬ展開に…。

 

なぜ この作品を?

ストレートにいうと危ういからです。

都会では、野菜離れ、進行中。 

危機感は、スーパーの店頭に。

絶望は、コンビニエンスストアに。

 

この問題をマーケティング的に
きちんと起こそうと思いました。

日本農業経営大学校(東京・品川)で、
食農連携マーケティングの講座に
参加した事も大きな刺激に。

6次化やブランディングは、
本質からズレている気がするのです。

 

その辺りを書いた解説にも 御注目!

「農業発展の発想法」という解説が
ストーリーの後ろに付いています。

生産サイドからは見えにくい、
大消費地・都会の実状が見えてきます。

小説は短編。星新一さんみたいなスタイル。
解説も同じく、簡潔&ストレートです。

ご一読いただければ幸甚です。

作品ページは、こちらになります。