マーケティング、絵本のように。
『正直バナナ』は、そんな作品です。

 

絵本、すばらしい

レオ=レオニさん、加古里子さん、安野光雅さん、…

名作の数々。

 

そんな名作のひとつ

はまだ ひろすけ さんの『ないた あかおに』。

こんなお話です。

村の人たちと仲良くなりたい赤鬼。
でも、いくら努力しても。
友だちの青鬼が協力してくれます。
青鬼は村でわざと暴れます。
そこへ赤鬼が来て青鬼を懲らしめます。
以来、赤鬼は村の人たちと仲良くなりました。

 

この話の中には、

信頼という言葉は、ひとつも出てきません。
友情という言葉も。

でも、これらの観念(:〇〇って…)を
読んだ人(≧小さい子たち)は理解します。
信頼や友情という言葉を知らなくても。

 

信頼については、
ニクラス・ルーマンという人が
書いた『信頼』という、その分野では
世界的に有名な本があります。

けれど、この本を読むより、
『ないた あかおに』のほうが解かるのです。

信頼trustをテーマにした本、2冊。左は、ニクラス・ルーマンNiklas Luhmann さん が書いた『信頼』"Vertraumen"(未来社刊)。どうしたら信頼されるか? という社会学的考察の本。左は、はまだひろすけさん著『ないた あかおに』(偕成社刊)。 この対比について「マーケティング 絵本のように」という記事で簡単に書きました。 矢嶋剛・撮影。
左がルーマンの『信頼』です。わたしの蔵書から。

 

そして、記憶に残ります。感動とともに。

凄い! 

 

 

この絵本の力を

わたしの本
『マーケティングは正直バナナ』は
借りています。

    矢嶋ストーリー作品、marketing

 

 

実際のページをご覧ください。

 

矢嶋ストーリー作品『マーケティングは正直バナナ』(作・矢嶋剛)の17ページから古い柱時計のイラスト部分を切り抜きました。時計の左隣に時計の魅力が様々な言葉で綴られています。懐かしい歌「大きな、のっぽの古時計、おじいさんの時計」もその魅力の一つに数えられています。
矢嶋ストーリー作品『マーケティングは正直バナナ』(作・矢嶋剛)の34ページから、レストランで注文を取る女性(スーザンさん)とメニューをのぞき込むお客様(女性。名前は不明)を描いたイラスト部分を切り抜いた画像です。明るく楽しい雰囲気。でも緊張感。スーザンはみんなで作った新メニューをお客様にたべていただきたいのです。

 

な感じで、
「マーケティングって何?」を
お伝えしています。

 

学校へ行かなくても、専門教育を受けなくても、
マーケティングという言葉を知らなくても。

もっと言えば、マーケティングという言葉が
無くても、

お客様😊の大切さ、

伝われ~

を、期待して。

 

 

というもの、

お客様😊って大切だから。

 

誰かが喜んでくれるって
嬉しいじゃないですか。

それを仕事で出来たら、
いいなぁと思うんです。

 

映画にも描かれています。🎬

黒澤明監督の名作『生きる』
住民😊。

フランク・キャプラ監督の
『スミス都へ行く』(これも名作)の
国民😊。

 

すごくいい!と思うんです。

ですから、ちょっと
生意気を言います。

 

バナナのような本が、
たくさん出るといいな!

お客様😊(マーケティング)の大切さ、
多くの人に伝わるといいな!

言葉なんか知らなくてもいい。
実践して欲しいな!

 

このメッセージ、実は、
バナナにも書いてあります。

本のガイド、こじゃる🐒が、
あるページで、こう言うのです。

「反対に、マーケティングという言葉を知らずに
 マーケティングをしている企業もあるんじゃ。
 うまい寿司を握るだけじゃなくて、お客様の
 好き嫌いを憶えとる。あの親父さんはマーケ
 ティングそのものじゃ。」

 

 

こういうこと、
言わぬが花、なんでしょうけど。

『生きる』も『スミス、都へ行く』も
一言も言ってませんけど。

(『バナナ』は言っちゃってます🤣)

 

作品ページ、ございます。 🍌

 

(ショップは👇)

 Amazon Kindle

 Apple Books

 

(お読みいただき 🙏ございました)

 

 

“マーケティング、絵本のように。
『正直バナナ』は、そんな作品です。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください