ある町(映画)は、この町(小説)?

 

映画『マイ・ブックショップ』を観た後で
原作の小説『ブックショップ』を読みました。
 (映画の感想は『コイシェ監督の音」に)

 

原題はどちらも “The Bookshop”。

とはいえ、コピーではなく。
映画は、小説の感想文のように描かれています。
「わたしは、この小説を、こう伝えたい!」
それが、イザベル・コイシェ監督の意志だった
ことに気づきました。

 

小説と映画を対比しながら
小説の話をしましょう。

”主人公の女性は、海辺の小さな町に
書店を開業します。その町には、長い間、
書店がありませんでした。゛

ここまでは一緒。違うのは…

小説は、実際の町を読者に印象付けます。
「UK、サフォーク州のハードバラ、
どこだか、わかるでしょう?」
「ここで彼女がどんな目にあったのか。
この小説は…」

一方、映画は、「悔しいじゃない!」を
前面に。どの町?は置いといて
「アイツ、コイツ、嫌な奴!」
「こういう事、するんだ~(怒)」を
グイグイ押し付けてきます。

 

だからラストも違ってきます。
映画は小説と違う!のは、
そういう理由からだと思います。
(他にも色々、腑に落ちました)

 

ところで、小説には、
映画にない楽しみがあります。
その舞台を地図で確認する!が。

 

サフォーク州。その中の…

小説の地理的記述、
たとえば、河川の氾濫、海辺、
大きく迂回しないと行けない等で
オールドバラがハードバラであることに
気づかれると思います。
食いしん坊の方は、獲れたての魚介で
ピンと来たかもしれませんね(笑)。

 

気づいたら、グーグルマップの
ストリートビューを楽しみましょう。

オールドバラ Adeburgh を
眺めてみてください。

作者、ペネロピ・フィッツジェラルドさんが
描いた舞台が現われます。

建物は変わっているかもしれませんが、
町並みは当時と変わらないような印象を
受けます。あのオールドハウスは、現在の
Adeburgh Museum のような建物だった
かもしれません(勝手な想像)。

 

わたしは、オールドバラとその周辺を
地図で眺めて…

1959年に この土地で 書店が
オープンした事に 想いを馳せました。