創作落語 新酒の季節は杉玉色で

 

創作落語です

出だしは
 「ありがとうございます。お忙しいのに、
  こんな所に来ちゃって。」

 

寄席の高座から
噺家さんが観客に語り掛ける…

あの調子で、ラスト(落ち)まで
噺が続きます。

知り合いの師匠に読んでもらったら
「読みやすい 面白かった」といってくだり。
まぁ、どんなものでしょうか?

 

ジャンルとしては

マーケティング落語 です

どんなマーケティング?
そいつは、矢嶋ストーリーですから…

お客様が笑顔になっちゃう噺。
今回は、大工の熊吉が笑顔になっちゃいます。

 

舞台となった江戸時代。
噺のアウトラインは文献などで調べ、
その見識をお借りしました。

大工の熊吉なんてキャラ設定は
これはもう落語へのオマージュ(:尊敬真似)。

戯作三昧で、なんとか完成させました。

 

噺のポイントは 杉玉

杉玉(すぎだま)、👇です。
表紙(白い部分)の左側に写ってるやつです。

その色に注目ください。

色が、変わるんです。
美しい緑から、濃い茶色に。

意外に知られていない、この事実に
マーケティングの真髄が隠れています。

「日本には、ヴォジョレー・ヌーヴォーが
ないから…」なんて思ってる、そこのあなた!

目からウロコ、になっちゃいますよ。

 

タイトル?

ではあらためて。
『新酒の季節は杉玉色で』
と申します。よろしくお願いいたします。

 

日本酒のお話ですが、応用が利くと思います。

どう利くのか! と申しますと

 

えっ、もう時間!

おあとがよろしいようで ございます。

|             |
      <(_ _)>
^             ^

続きは、作品ページに譲らせていただきます。

こちらから こちらから~