芸大卒展へ GO!

 

藝大卒展かな。正しくは
東京藝術大学卒業・修了作品展、
英語だとTokyo University of
the Arts Graduation Works Exhibitions

今年は1/28~2/2。東京・上野。
誰でもOK。入場無料。

 

これ、
藝大で励んだ結実を、絵や彫刻、
工芸ほかで見せちゃうぜ!な美術展。

スタートしたばかりの
アーティスト人生、最初の区切り、
さてさて~

 

今年の大学院(修了作品)は
先生が厳格なのか???
技法を学んだよ~を何よりも感じました。
ひらたく言えば「お上手でしょ」。
半面、驚きはありません。
小さくまとまっている印象。

同じく学部(卒業作品)も技巧的。
技量はここまで。あとはコンセプトを
読んでね!で、ストップな印象。

 

個性より技巧。
大胆より無難。
2020年は、そんな空気強め。

ちょっと残念…

 

もちろんよかった作品も。
この人の絵(↓)には華があります。
心が一番動きました。

1/28から2/2まで東京・上野で開催された芸大卒展(藝大卒展とも。正しくは 東京藝術大学卒業・修了作品展。 英語だとTokyo University of the Arts Graduation Works Exhibitions)で展示されていた卒業制作の絵。2020年度、令和元年度の全作品の中でもっとよかった、華のある作品です。掲載許可をいただいていないのでぼかしています。
会場でお話した際、許可をお願いしなかったのでぼかしています。察してください。

 

 

【続けて 卒展情報】

 

2月末に女子美術大学、多摩美術大学、
東京造形大学、日本大学芸術学部、
武蔵野美術大学が共同で、
卒業・修了作品展を毎年開きます。

正式名称は
令和元年度 第43回
東京五美術大学連合卒業・修了制作展。

略して「五美大展」。
2月20日(木)〜3月1日(日)。
会場、国立新美術館(六本木)。

こっちは どんな?
楽しみです。