大陸移動説 驚きの連続

 

アルフレート・ヴェーゲナーさんの
大陸移動説 continental drift theory
彼の書いた『大陸と海洋の起源』で
勉強しました。

(きっかけは、前回投稿をお読みください

 

大陸移動説って何?

大陸移動説、みなさんは
ご存知でしたか?

<わたし>も曖昧には。

遥か昔、地球の大陸はみんなくっついて
1つだった。超大陸。パンゲア大陸。

この程度の理解でした。

イメージも適当で、下のような動画を
眺めて「ああ、そうなの」程度。

Pangea animation 03

↑制作:U.S. Geological Survey

ところが今回、読んでビックリ!

ものすごく精緻な分析なんです。

世界中の地球の研究者が
同意したんだから、よく考えれば
当たり前なんですけど。

とにかく、とにかく、
あっと驚く、あのこと、このこと、
つらつらと書いてみます。

 

読んで驚いた事

・アフリカ大陸の西海岸の ┓と
 南アメリカ大陸の東海岸の ┓の
 間にはデッカイ大西洋がありますが
 昔は ┓ ┓ くっついてた。
 形もそうだけど、地質が同じ。 

・アフリカ大陸の東海岸にある
 大きい島モザンビークの ◣ と
 インド半島の西側 ◥ の間には
 でっかいインド洋がありますが
 昔は ◣◥ くっくいてた。
 形も合うけど、地質も同じ。

・北アメリカ大陸とグリーンランドと
 アイスランドとヨーロッパは
 昔、くっついてた。

・アフリカ大陸とインド半島と
 南極大陸とオーストラリアは
 つながってた。

アルフレート・ヴェーゲナー著『大陸と海洋の起源』より。石炭紀後期の地球を描いた図です。 南北アメリカ大陸、アフリカ大陸、南極大陸、オーストラリア、ユーラシア大陸(ヨーロッパとアジア全域)が 地続きだった様子が描かれています。 矢嶋ストーリーのブログ「矢嶋ストーリー's news」の「大陸移動説 驚きの連続」の 文中に出てくる写真です。
3億5920万年前から2億9900万年前までの地球だそうです。本に出てきます。

・南アメリカ大陸東側のアンデス山脈。
 北はアラスカまで(:ロッキー山脈?)
 南は南極大陸まで延びていた。
  超・超・超・超長い山脈。

・ヨーロッパ中部は昔、亜熱帯。
 (亜熱帯:アジアだと「那覇~香港」)
 その後、北へ移動して寒くなった。

・南極も北極も移動している。

 

科学的証拠もたくさん提示されています。

たとえば、昔生きていたミミズの分布図。

海を渡れないミミズが、遠く離れた
南アメリカ大陸とアフリカ大陸に生存。
地面が繋がっていたから! ほか多数。

 

まぁ、ビックリします。

 

ライバルは大陸不動説

ヴェーゲナーさんが大陸移動説を
主張した頃、世界の科学者たちは
真逆の「大陸不動」を信じていました。
(う~ん、天動説時代みたい!)

「大陸不動」 派によれば、
大陸の位置は現在の地図とほぼ同じで、
先ほどの「昔のミミズなぜ?」な
謎には…

「今の大洋には昔、巨大大陸が
 あってさ、陸続きでさ。移住。
 でも沈んじゃったあ~」

と説明していたそうです。

大西洋に沈んだ「ムー大陸」。
インド洋に沈んだ「レムリア大陸」
なんとなく記憶、あります。

 

でもね…、沈んだとすれば、
アルプスやヒマラヤの地層の歪みを
どう説明する? あれは明らかに
押しつぶされて隆起しているよね。

 

こんな調子で、ヴェーゲナーさん、
状況証拠を一つずつ集め、
「大陸移動」なら全ての謎に説明が
つくことを証明していきます。

今と違ってGPSもなく、
大陸の位置測定もままならない時代の
お話です。(この本の出版は1915年)

それにしても
スケールの大きな話ですね。

 

移動説 その後

とはいえ ヴェーゲナーさんも、
同時代の他の科学者も、
解明できない事がありました。

でも残された謎は、後に続く
科学者が解明してくれました!

「どうやって大陸移動?➀」
 今では、陸地や海岸は、
 いくつかに分かれている
 超巨大岩盤(:プレート)の上に
 乗っていて、プレートが動くと
 陸地や海岸も一緒に動くことが
 知られています。
 (cf プレートテクトニクス)

「どうやって大陸移動?➁」
 ではプレートはなぜ動く?
 それはプレートの下にある
 マントルが動くから。
 マントルは時々地上に上昇。
 その過程で熱く溶け溶岩化。
 それが火山に!が知られています。
 (cf プルームテクトニクス)

 

勉強して、納得しました。

マントルが噴き出ると(≒火山噴火)
その力でプレート、押される~。

 

アイルランドで、移動が観れる!

そのマントル噴き出し現場で
最も有名なのが大西洋中央海嶺。
(海嶺:海の中の山脈:かいれい)。


こやつ、大西洋のど真ん中を、
北極近くから、南極近くまで
ずっと連なっている、
超・超・超・長い山脈なのです。

下の本に載っていました。
(黄色い線の部分!)

A.カイユ著竹内均訳『地球の解剖』より。「地球の表面の主要な地形の特徴」と題された図です。 大西洋中央海嶺が描かれています。海嶺唯一の海上部分がアイスランドであることがわかります。 矢嶋ストーリーのブログ「矢嶋ストーリーnews」の「大陸移動説 驚きの連続」の 文中に出てくる写真です。
A.カイユ著竹内均訳『地球の解剖』より。

ここの山脈(:マントルが噴き上がる
割れ目)を境に、地球の全プレートは
西と東に今も押され続けている
らしいのです。

 

その様子を地上で観れる
(:海嶺が海に沈んでいない)
唯一の場所が
アイスランドにあります。

シンクヴァトラヴァトン湖。
その湖中にある、シルフラ洞窟。

こんな所だそうです。

 

 

なんか色々、地球の不思議。
知らないこと、たくさん
ありますね!