売茶翁(ばいさおう)はスゴい人

本名、柴山元昭。江戸時代の禅僧。
伊藤若冲が画材にした人物。
容貌は以下のよう。
伊藤若冲画『売茶翁(本名、柴山元昭)』

で、何をしたのか?
その名の通り、京の路傍で
点てた茶を売りました。

現代風に言えば、
ストリート・カフェを始めたのです。

翁と呼ばれた通り、彼は老人です。

実は、60歳を過ぎたとき、住職を辞め、
この商売に転じました。

暮らしは貧しかったと云います。
テントのような組み立て式の庵に住み、
ときには食事にも困ったそうです。

彼は何を求めて、この生き方を
選んだのでしょうか?

住職でいれば、僧として安穏と
生きられたにもかかわらず。

答えは、彼の遺した漢詩にあります。
その一部を拙訳とともに示せば…

過客頂知価半銭
(:通りすがりのお客様、
  みなが知っていますよ。
  値段はたったの半銭です)

一啜為君洗心腑
(:ひと口すすってください。
  あなた様のためです。
  心と体が洗われます)
 
となります。 
  
つまり彼は、
喫茶業を介し、会得した全てを
人々の意に沿う形で伝える道を
選んだのです。

(禅に詳しい方は、それが公案と
 どうつながっているか?
 お分かりになると思います)

彼は貧しいまま、死んでいきました。
後悔したか?は誰にもわかりません。

確かなのは、彼の生き方に
多くの人が心を動かされた、
ということ。
  
売茶翁的な事業に
わたしは強く惹かれます。
 
 
参考:売茶翁について、
   以下の文献から多くを学びました。
   ありがとうございます。

福山暁菴編著『売茶翁』其中堂、1967年7月7日刊。