文庫本の読みやすさ、電子書籍で

 

<わたし>(=矢嶋ストーリー)、

電子書籍制作で、ちょっと進歩。

文庫本が 可能に!

みなさん、お馴染みの、あの文庫本。
あの読みやすさを、スマホ画面に
再現することに成功しました。🎉

 

その第1号は、パンで街を幸せに
ページは、このように ↓ なっています。

marketing 1coin series(3)『パンで街を幸せに』(矢嶋ストーリー発行、矢嶋剛・著)のページです。文庫本スタイルで組んだ初めてのページです。

ページ上に(ページ上のテキスト)も付いて。
行数と行間、列の文字数・文字間も細かく設定。
それが崩れません。

加えて、ページに紙のような色を施しました。
強く反射し、目疲れする。あのつらさを
軽減しました。

この2点の改良で、
文庫本特有の読みやすい
実現できたのです。

 

今回制作した技術仕様、
ePub3の縦型固定レイアウトは
優れものです。

行と列が崩れないだけでなく、
画像も好きな位置に貼り付けられます。
貼り付けた位置は
ページを繰ってもズレません。

文の向きも、縦書き、横書きを
自由に決められます。

ですから、こんなページも
制作可能。

marketing 1coin series(3)『パンで街を幸せに』(矢嶋ストーリー発行、矢嶋剛・著)の扉です。文庫本スタイルで、鯛焼きのイラストを添えたデザインになっています。
表紙の次の扉(とびら)ページです。

 

文章はテキスト(文字列)として
保存されているので、
テキストの読み上げや
言葉検索もOK
です。

 


というわけで、
鯛焼き印の文庫本、完成しました。

素直に、嬉しいです。

電子書籍の仕様は これまで

欧米の(というより英語の)「横書き」を
暗黙の前提に考案されてきました。

その英語、横の文字数が伸びても
あまりツラくないんです。

というのも、本のページって
たいてい横が短い(縦長)。

ですから、
横書き文化の人々(≧英語圏の人)
ディスプレイの大きさに合わせて
行の長さを伸縮させるリフロー型
あまり抵抗を感じません。

ところが、この感性、縦書きでは
ものすごく不快。

縦書き × リフロー型の本は、
存在じたいが、高ストレスなんです。

 

このリスク
(長い縦書きは読みづらい→読まない)は
紙の本の世界では常識なのに。

新書でさえ
一行の文字数を文庫本並みに抑える
当たり前になっているのに。

(どこの出版社の新書か、
 わかりますか?)

この事実を無視して、
縦書きが、このまま
リフロー型に固執したら、

縦書きの電子書籍は
「読みづらい」から
抜け出せなくなってしまいます。

そして、縦書きタイプの
電子書籍の没落は必至。

 

それが今回、祝・脱出🎉🎉🎉

電子書籍を作る1人として嬉しい。

ようやく!な感慨、いっぱいです。

 

実際の本の良さ、
Apple Books さんのサイトで
感じてください。

こんな感じです。

「文庫本ver & Apple Books デビュー」という記事のOPG画像です。 この画像には、矢嶋ストーリー初の文庫本スタイルの電子書籍 『パンで街を幸せに』のApple Books のストア(=作品ページ)が 写っています。サンプルページの画像が文庫本スタイルであることを 伝えてくれます。

サンプルブック、ダウンロードできます。
         ※上の画像クリックでストアに

しかもしかも、
テキストデータの検索、自動読み上げ、OKです。

 

というわけで、

申し遅れましたが、

Apple Books さんにデビューしました。 

 🎈 🐏 🌳 🎊

 

Mac、iPad、iPhone ユーザーの皆さま、
お待たせしました。
これからは、kindle for mac を介さず
作品をお届けできます。

 

そして、アマゾン kindleユーザーの皆さま、

かなり残念ですが、この鯛焼きの文庫本、
お楽しみいただけるのは、

文庫本の読みやすさ

のみ、となってしまいました。

というのも、アマゾン kindleの本は、

なぜ?😢 か

ePub3 縦型固定レイアウトに
未対応。

仕方がないので、漫画と同じように
ページを画像化。ですから、
テキスト検索できないのです。

注)もちろん、
  アマゾンさんが対応したら
  すぐにファイルを差し替えます。
  頼む、アマゾンさん。

 

そして、そして、

Google Play さん、
楽天Koboさんからの配信も
準備中です。
両サイト・ユーザーの皆さま、
今しばらく、お待ちください。