小説『薔薇の名前』の感想  | ビジブル

中世ヨーロッパの見張り塔が草原の上にそびえ立つ。ドアは? イラスト:矢嶋剛

ウンベルト・エーコ Umberto Eco の小説『薔薇の名前』。
1300年代のヨーロッパ、カトリックの僧院で起きた連続殺人事件を
描いています(1987年にショーン・コネリー主演で映画化)。
   
この作品はミステリーですが(ネタバレはしませんから御安心を!)、
「なるほど~」は、
当時のカトリック教会に触れられる点にあると思います。
   
カトリックの僧院で学び続ける修道士たちは、
自分たちの教義を守るために、
内部から湧き上がる矛盾を「異端」として減殺し、
外部世界を「異教徒」として遠ざけます。
     
守ってきた価値観や学識が崩壊することを恐れます。
それは、自身の社会的地位が危うくするから。
 
そのために彼らは…
 
教皇、皇帝、聖書、聖人、様々な怪物・怪人…
チョット難解で、ときに冗長な表現は、
 
この背景を理解しながら、推理してね!
という、エーコさんのお願いなのです。
 
そんな作品の読後感。
 
読み終わったとき、「怖いな」と感じました。
 
一部の者が情報や知識を独占し、
無知な者は永遠に無知でいる。
 
無理と矛盾を力で抑え込む。
そして社会は進歩を停める。
 
  
そうならないようにするために…。
 
Happyのヒントが『薔薇の名前』には
詰まっています。ゆえに、とても未来的。
(スケッチの「ドアは?」は、そういう意味!)

ストーリーを磨く糧にしたいと思います。

みなさんも   
機会があれば、読んでみては!
(映画は魅せ方が違っているので…)