近松門左衛門さんの作品を…音読しています!

音を発しないとワカラナイ。
そんな世界があります。

脚本・シナリオは、その一つ。

ですから、作品を音読します。
近松作品もそうしています。

近松さんって?
な方もいるかもしれないので、少し解説します。

近松作品は、
浄瑠璃の戯曲、つまり芝居の脚本(シナリオ)
として書かれたので、

芝居の幕場(例 第〇幕・第〇場)ごとに
場面の描写、登場人物とその台詞が
細かく描かれています。

そのうち、場面の描写は、
どれもサラリとしていて、
ジャンルは違いますが、
川端康成の小説『雪国』みたいに

「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」
くらいで、さっと通り抜け、
あとを台詞に託します。

その台詞が、近松作品は凄いんです。

「ウォオオオオオオ オ~」の次に
「ガガガガガガ ガ~」が
返ってくるような、

感情が昂って、爆発寸前。
でも、まだまだ。グッと堪えて、出しません。
的な緊張感が、ラストまで続きます。

とくに、
心中物(:もう二人で死ぬしかない…)は
迫力があります。

「情けなや忠兵衛様なぜ其のように上らんす」
  (『冥途の飛脚』より遊女・梅川の台詞)

「地獄へも極楽へも連れ立つて下さんせ」
  (『冥途の飛脚』より遊女・小春の台詞)

声にだすほどに、台詞の一つ一つ響きます。
 
 
こうした読書法を使って、わたしは
作品本来の姿(狙い?)に
近づいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください