マーケティングの知見 限定公開!

 

『マーケティングの知見メモ』という
ブログを書いています。

経営学、経済学、社会学、心理学、
マーケティング論の知見集です。

このイラストは、矢嶋ストーリー作品をレビューいただいた読者様限定で公開中のブログ「マーケティングの知見メモ」のロゴ画像です。画像サイズは630pxの正方形です。イラストのデザインは以下の通りです。白の背景、その上にブログのロゴ、その上に古い金属鍵を置きました。鍵は限定公開を意味しています。ブログのロゴの構図は、薄茶の角丸正方形に「memo」という白抜きの文字を載せたマーク、そのマーク下に「矢嶋ストーリー presents」、さらにその下に「マーケティングの知見メモ」の文字が書いてあります。作図・矢嶋剛。

 

このブログは 贈り物です

書店サイト(Kindle や Apple Books)に
矢嶋ストーリーの本のレビュー(批判OK)を
書いていただいた方へのプレゼントです。

「このレビューを書いたよ!」と、
下記までご連絡ください。
折り返し、メモ閲覧用パスワードを
ご返信いたします。

連絡先1 公式サイトのフォームからメールで 

連絡先2 tiwtterアカウントへDMで 

 

と申しますのも

メモにはロックが掛かっておりまして、

このイラストは、矢嶋ストーリー作品をレビューいただいた読者様限定で公開中のブログ「マーケティングの知見メモ」のOGP画像です。
イラストのデザインは以下の通りです。白の背景、その上にブログのロゴ、その上に古い金属鍵を置きました。鍵は限定公開を意味しています。ブログのロゴの構図は、薄茶の角丸正方形に「memo」という白抜きの文字を載せたマーク、そのマーク下に「矢嶋ストーリー presents」、さらにその下に「マーケティングの知見メモ」の文字が書いてあります。作図・矢嶋剛。

パスワードが無いと読めないように
なっています。

パスワードは、どのメモも共通です。
1つのパスワードで全てのメモが読めます。

 

なぜ ロックを?

せめてもの御礼です。

この限定公開のメモが、
レビュアーみなさんの
アドヴァンテージになりますように。

 

そんなメモの1つ、

ステレオタイプの弊害には

以下の記述があります。

よく知らない事象に対する安直な偏見をステレオタイプ stereotype と言います。「アメリカの人って〇〇だよね」「それってステレオタイプだと思うよ」的に使います。ステレオタイプで物事を語る人は、真実から遠いところにいます。たとえば、先ほどのアメリカ人という言い回し。アメリカに行けば、暮らしている人が一様ではないことは誰にでも解ります。それを一括りに語る危うさ。日本のオジサン、オバサンも似たようなものです。よく知らない⇒想像⇒脚色⇒偏見。恐るべき誤解の広がり(例 外国映画に出てくる日本人像)。ステレオタイプについて詳しく知りたい方は、ウォルター・リップマン Walter Lippmann 著『世論』(岩波文庫)をどうぞ。

 

このメモは、
社会心理学の概念である「ステレオタイプ」を
説明しています。定義、用例、使用上の注意、
そして、この言葉が語られた原書を紹介。

その字数、わずか300。一読でOK。
この見識を書いた何百ページを読み解く
時間と手間から、あなたは解放されるのです。

 

この効率、ちょっと無いと思います。
wikipedia の同項目と比較してください)

 

 

こうしたメモは、

マーケティング力の強化に

役立つと思います。

 

マーケティングは、問題解決のために、
あらゆる知恵を総動員して考えます。

 

知っていると、便利です。

考えが、整理しやすくなります。

関連知に気づくようになります。

そして、人を説得しやすくなります。
(偉い人ほど、理解してくれます)

 

 

再び パスワード取得のご案内です

矢嶋ストーリーの本のレビュー(批判OK)を
Kindle や Apple Booksに書いていただいた方へ
メモのロックを解錠するパスワードを
プレゼントします。

 

「このレビューを書いたよ!」と
下記までご連絡ください。
折り返し、メモ閲覧用パスワードを返信します。

連絡先1 公式サイトのフォームからメールで 

連絡先2 tiwtterアカウントへDMで 

 

レビューを書いて、効率を。