まず幸せな気分に! お腹が空く話なら…

まず幸せな気分に! お腹が空く話なら…。メンチカツとパン(バゲット)の組み合わせなんて、どうでしょう?

マーケティング・ストーリー
というジャンルを耕しています。

仕事をする皆さんが「こうなきゃ!」と
想えるストーリーを編んでいるのです。
(関心のある方はこちらに)

 
編むときは、
テーマが何であれ、
まず幸せな気分に、ひたります。

空想でいいんです。
兎に角、
どっぷりと、充たされます。

それが、
マーケティングという活動のゴールですから。

 
たとえば、
食べ物がテーマなら…

お腹が空いてくるような、
口にしたら「うう~ん」な気分にひたります。

そんなイメージを写真にすると

まず幸せな気分に! お腹が空く話なら…。メンチカツとパン(バゲット)の組み合わせなんて、どうでしょう?
 
 
になりそうです。

この写真に写っているのは、
右に メンチ。
左に バゲット(フランスのパン,杖の意)。

 
この両雄が出会ったら…
「うう~ん」になれそう?
 
まず、ここで、よく考えます。
(慎重に!)

 
確信できたら、そのプロットを
ストーリーに育てる。
 
わたしは、そうしているのです。

 
このケースは、運よく?
ストーリーまで行けました。
習作ですが、よかったらお目通しを!

パンで街を幸せに と言います。
上の写真を、
タイトル画像に使っています。

生落花生、家でロースト! レシピ付き

余熱せずに140°で35分(マイ・レシピ)。生の落花生を自宅でローストする場合。

生(なま)の落花生(ピーナッツ)と
オーブンがあったら…

炒ってから1時間で、
落花生本来の香ばしさが食べ放題。
 
調理は簡単です。

1.天板(角皿)に落花生を敷き、
2.余熱せずに140°で35分(マイ・レシピ)。
3.オーブンから天板を出して、
  天板に乗せたまま冷まします。

たったこれだけ。
 
すっかり冷めたら、お皿に移して
さぁ召し上がれ!

バタピーとかの加工品とはまったく違う
落花生本来の美味しさが存分に楽しめます!

もし残ったら、
瓶など蓋付きの容器に入れて
乾燥保存してください。

湿気が大敵なんです。
  
   
なんて…

こんなちょっとした経験が、
落花生の楽しみ方・買い方を
すっかり変えてしまいます。

目からウロコ!というわけです。

 
考えてみると…
調理って、知らない事だらけです。
食材についても、調理法についても。

つまり、もっと楽しむ余地もいっぱい!

わたしは、そう考えることにしています。

 
そして、この流儀を
他の場面でも使えそうです。

それにしても、落花生、
美味しい~