近松さんを音読してます   | ストーリー

近松門左衛門作品音読の図。アァ~。えっ、ただのお侍にしにか見えない? 『近松さんを音読してます』やじますgraphy:矢嶋ストーリーの制作風景より。

ストーリーの制作力を高めるために、
近松門左衛門さんの作品を音読しています。

『冥途の飛脚』なら
「情けなや忠兵衛様なぜ其のように上らんす」辺り。
 
『心中天網島』(しんじゅう てんの あみじま)の最後の一段
「にっと笑顔のしろじろと霜に凍えて手も震い」辺り。
 
どちらも良いですよね! 
  
  
ご存じない方もいるかもしれないので少し解説すると、

近松作品は、浄瑠璃戯曲、つまり芝居の脚本(シナリオ)として書かれたので、
芝居の幕場、背景の描写、登場人物とその台詞が細かく描かれています。

そして台詞の一つ一つが観客の心に響き合わるように
文のリズム・余韻が実に巧み組まれています。

だから凄いんです。
その辺りは、作品を紹介してくださる先生方や出版社も先刻ご承知。

有難いことに、
専門書から文庫本に至るまで、近松作品には、
本来の姿(:浄瑠璃戯曲そのまま)ver.と
筋書を追う現代訳ver が一緒に収められています。
   
  
このラッキーを存分に生かして、やじますは
浄瑠璃戯曲ver.を音読しているのです。
 
声に出すと、ビンビン伝わってきます。
勉強になります。
 
 
追伸 
何かの本で読んだのですが、
昔の方は浄瑠璃を「聴きに行く」と仰ったそうです。
う~ん納得。