制作風景をグラフィします | ストーリー

やじますgraphy。矢嶋ストーリーの制作風景。2017年10月1日デビュー。Debut on Oct 1, 2017.

マーケティング・ストーリーを綴る、矢嶋ストーリー.tokyo(やじます)の制作風景を並べてみます。
 
スタイルは+(プラス)graphy(:画風・書法・記録法)。ジオグラフィ(地誌)のような感じで、広く自由に編んでいきます。
 
 
できるなら、展覧会のようにしたいのです。
ブログを1つのミュージアムのように見立てて、観に来られた方々に、

「この絵、笑っちゃう」
「何? 何?」

┌───┐ ┌───┐ ┌───┐
└───┘ └───┘ └───┘

\(^^)/ \(^^)/  \(^^)/
 
 
 
なんて時間になったら… と思ったのです。
 
 
そんなミュージアムに近づくために、ブログのデザインをどうしよう?と悩みました。
 
 
ミュージアムですから、何かこう建物的な印象が残るレイアウトで、
できれば最初にドアのようなイメージがあって、
中に入って展示室に入ると、
壁になんか「貼ってありますか?」(安尾信乃助さん風に)的な空間が欲しいなぁ…
 
 
と散々希望を思い描いて、
同時に、それだけの技術が自分に無いことに気づいて。
 
 
最後は、WordPressのテーマ、Simplicity2をお借りすることに決定!
(ありがとうございます)
 
そして、全体の印象を確認する意味もあって9つの記事を投稿。
2017年10月1日にドタバタしながら、デビューしたところです。
 
新居に越したみたいに、まだまだSimplicity2に不慣れですが、
馴染んできたら、少しずつカスタマイズしていく予定です。
その都度、デザインが揺れるかもしれませんが、その点はご容赦ください。
  
 
それでは始めてみます。