町会が街の歴史を…『岩三史』

 

都道府県や市区町村じゃなくて、
町会が、自分たちだけで
地域の歴史をまとめて出版。

って、珍しいでしょ!

 

そんなサプライズを
岩本町三丁目町会(東京都千代田区)は、
成し遂げてしまいました。

装丁は、こんな感じ。

『岩三史』千代田区岩本町三丁目・神田岩本町の歴史、風景、未来。岩本町三丁目町会・岩三史委員会・編。

 

この中に、
神田岩本町と岩本町三丁目の歴史が
詳しく書かれているのです。

 

その記述は、

・景観史(江戸時代の街並みをご紹介)

・鉄道史(昔の線路・停車場のご案内)

・産業史(元祖ファッション・ストリートの軌跡)

など、盛りだくさん。

 

そうそう、関東大震災後の帝都復興計画の起点
(昭和通りと靖国通りの交点)は、
この町会内にある、隠れた歴史遺産です。
(証拠の文献は脚注に載ってます)

靖国通りが出来る前に、鉄道が走っていたのは…
神田川南岸の柳原通りです。ここは、
江戸屈指の大通りだったんです。
(証拠の古地図に、はっきりと…)

実は、この町会エリアは、お菓子の街、
スィーツタウンだったんですよ~
なんて、お腹の空いてくる話も!

 

まじめ(学術的記載)と楽しさ(町自慢)とが
融合した、オモシロ町会史です。

目次が、町会内のウォーキング・マップに
なっているので、散歩の伴にもなります。
(引っ越してきた方へ、を想定!)

 

ちょっと気になってきましたか!

では、さっそく。
「どこで読めるか?」情報です。

 

町会の皆さんには配布済。
公共の施設では…

国立国会図書館(東京館)
東京都立図書館
千代田区立図書

加えて、文献提供の御礼に寄贈した、

中央区立図書館
東北大学附属図書館
早稲田大学図書館

にあるはずです。

お問い合わせください。

 

そろそろ、クロージング。

『岩三史』みたいな町会編纂の歴史書が
たくさんあれば…と思います。

地域に住み、地域で働き、
もっともよく地域を知る人たち(:町会員)
だからこそ、感じる・追跡できる
事実って、たくさんある気がします。

岩本町三丁目町会は、そこを大事にして、
ライターとか有識者とかに委託せずに
自分たちだけで書き上げました。

 

なんだか、ちょっと、凄いでしょ!

† † † † † † † † † † †

実は、〈わたし〉、この町会の一員です。
編纂者だったので、よく知っているんです。